論文- 佐藤 透 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:33件
[2017]
1.心のよさとは何か―「不生の仏心」と「もののあはれ」を手引きとして―.[加藤尚武編著『ホモ・コントリビューエンス』未来社,(2017)]佐藤 透
[2015]
2.美味の現象学-あるいは生活上の潤いについてー.[『ヨーロッパ研究』,(第10号),(2015),203-218]佐藤 透
3.不可知の外界―不自然な自然観はどのように生まれたか―.[『生の倫理と世界の論理』(東北大学出版会),(2015),121-147]佐藤 透
[2014]
4.運命論的語りの構造に関する試論.[『思索』,(第47号),(2014),157-175]佐藤 透
5.幽玄美とは何か.[ヨーロッパ研究,(第9),(2014),139-164]佐藤透
[2012]
6.寂びの美と「積時性」-哲学的分析のための素描―.[施策,(第45),(2012),109-130]佐藤透
7.自然の心―アニミズムは環境危機から世界を救うか―.[世界の感覚と生の気分,(2012)]佐藤 透
[2011]
8.原子力時代における科学者の責任―J.フォージ『科学者の責任ー哲学的探究』を中心に.[フィロソフィア・イワテ,(第45),(2011),45-59]佐藤透
9.共感のクオリア―形而上学への通路としての―.[『共感と感応―人間学の新たな地平―』(東北大学出版会),(2011)]佐藤 透
[2010]
10.人はどの程度「歴史物語」を必要とするか.[ヨーロッパ研究,(第8),(2010),73-98]佐藤 透
[2009]
11.侘びの美意識―その美としての一般性と特殊性―.[東北哲学会年報,25,(2009)]佐藤 透
[2008]
12.有意味性の相互主観的構成について.[ヨーロッパ研究,第7,(2008),39-74]佐藤 透
[2007]
13.時間論から見たキリスト教と浄土教―「実存論的終末論」と「平生業成」―.[ヨーロッパ研究,(6),(2007),183-214]佐藤透
14.芸術が体験される時―芸術体験と実在―.[芸術の始まる時、尽きる時(東北大学出版会),(2007)]佐藤透
[2005]
15.アイデンティティと共同体―柔らかなアイデンティティのために―.[ヨーロッパ研究,(5),(2005),153-174]佐藤 透
16.「人生の意味」の意味―時と意味の現象学のための素描―.[思索,(38),(2005),139-159]佐藤 透
[2004]
17.寛容と平和.[ヨーロッパ研究,4,(2004),193-216] 佐藤 透
[2003]
18.ライプニッツから現象学へ.[国際文化研究科論集,(11),(2003),1-14]佐藤 透
19.時間単子論.[現象学年報,(19),(2003),73-86]佐藤 透
20.技術倫理.[『知の地平―大学におけるマルチリテラシーと応用倫理』(東北大学出版会),(2003)]佐藤 透
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University