研究紹介- 中田 俊彦 -


持続可能なエネルギーシステムの統合デザイン

 持続可能なエネルギーシステムを地域社会に実装することをめざしています。過去から現在、未来に至る「時間軸」、地域毎のエネルギー需給の特徴や偏在を明らかにする「空間軸」。この基軸に、エネルギー効率、二酸化炭素排出量等の「技術性能で定まる物理指標」と、脱炭素、豊かさ、経済性、セキュリティ、レジリエンス等の「社会の価値指標」を統合して、緻密なデータ分析に基づく多次元最適化手法を開発して、各地域社会にふさわしいエネルギーシステムをデザインします。
写真
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University