総説・解説記事- 齋藤 雅典 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:74件
[2007]
21.農業のライフサイクルアセスメントとエネルギー収支.[農業No.1491 2月号, (2007), 19-42]齋藤雅典,金谷 豊
22.Soil Science and Plant Nutrition:投稿の勧め.[土肥誌,78(1), (2007), 123-127]齋藤雅典,山口紀子
[2006]
23.3.3. Isolation of Arbuscular Mycorrhizal Fungi.[FNCA Biofertilizer Manual, (2006)]齋藤雅典 他
[2005]
24.組換え農作物の長期栽培による環境への影響モニタリング(トウモロコシ).[農林水産技術会議発行研究成果,428, (2005), 141-148]黄川田智洋,大同久明,吉村義則,黒川俊二,齋藤雅典,安藤象太郎,神田健一
25.あらためて窒素を考える.[肥料 通巻100号, (2005), 8-11]齋藤雅典
26.論文紹介「植物根に共生するアーバスキュラー菌根菌の菌糸分岐を誘導する植物由来物質の同定」.[情報農業と環境,(64), (2005)]齋藤雅典
27.新刊紹介「木村眞人・波多野隆介 編「土壌圏と地球温暖化」」.[農林水産技術 研究ジャーナル,28(5), (2005), 51]齋藤雅典
[2004]
28.土壌生態圏はいかに進化したか.[化学と生物,42, (2004), 47-53]犬伏和之,齋藤雅典
29.共生微生物等の機能を利用した荒廃土壌の修復を目指して.[土と微生物,58, (2004), 99-108]齋藤雅典
30.陸上植物と菌根菌の共進化.[化学と生物,42, (2004), 252-257]齋藤雅典
31.根圏環境:機能解明から制御へ..[土肥誌,75, (2004), 405-410]西山雅也,橋床泰之,江沢辰広,大崎満,Fusuo Zhang.,齋藤雅典
32.微生物の寄生と共生:その進化と適応―辺境に残された貴重な宝物―.[微生物生態学誌,19(2), (2004), 54-56]齋藤雅典,岩瀬剛二,大熊盛也
33.有機物資源利用の魅力と限界.[土肥誌,75, (2004), 519-528]後藤逸男,藤原俊六郎,齋藤雅典,羽賀清典,鈴木浩之,飯田和子,渡辺和彦,片山新太,山本克巳
34.巻頭言 網羅的に調べるということ..[農環研ニュース、No.63, (2004)]齋藤雅典
[2003]
35.絶対共生微生物・アーバスキュラー菌根菌へのアプローチ.[農化誌,77(12), (2003), 1240-1241]齋藤雅典
36.OECD「土壌浸食・土壌生物多様性指標」に関する専門家会合―参加報告.[農環研ニュースNo.59, (2003)]齋藤雅典
37.有機物資源リサイクルの光と影.[圃場と土壌 6月号, (2003), 28-32]齋藤雅典
38.硝酸性窒素の汚染軽減対策.[農業環境技術研究所 平成15年度専門技術員研修「専門研修」「農業生態系における有害物質の動態と制御研究」資料, (2003), 19-29]齋藤雅典
[2002]
39.Inoculation with arbuscular mycorrhizal fungi: the status quo in Japan and the future prospects..[Plant and Soil,244, (2002), 273-279]Saito M.,Marumoto T.
40.壌微生物と物質循環.3.家畜排泄物の処理・利用に微生物を活用できるか?.[土肥誌,73, (2002), 453-458]齋藤雅典
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University