総説・解説記事- 齋藤 雅典 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:74件
[2016]
1.土壌と東西の神々.[日本土壌肥料学雑誌,87(2), (2016), 147-152]谷山一郎, 浅川晋, 奈良吉則, 程 為国, 齋藤雅典, 陽 捷行
2.冬期湛水が水田の土壌微生物群集に及ぼす影響.[養賢堂 農業および園芸,91(1), (2016), 129-139]浅川晋, 末国千佳, 劉 冬艶, 秋田和則, 宇野亨, 田島亮介, 伊藤豊彰, 齋藤雅典
[2014]
3.Preface to the special section “Contamination of AgroEnvironment and Forestry with Radionuclides from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station”.[Soil Science and Plant Nutrition,60, (2014), 749-750]Masanori Saito, Hirofumi Tsukada, Noriko Yamaguchi
10.1080/00380768.2014.970609
4.アーバスキュラー菌根菌接種技術の可能性、、.[日本草地学会誌,59(4), (2014), 274-276]齋藤雅典
[2013]
5.食・農・村の復興支援プロジェクトと津波塩害農地復興のための菜の花プロジェクト.[環境バイオテクノロジー学会誌,13, (2013), 39-46]中井裕,西尾剛,北柴大泰,南條正巳,齋藤雅典,伊藤豊彰,大村道明
6.日本LCA学会一次産業における生産段階のLCA研究会の目的と活動.[日本LCA学会誌,9(3), (2013), 174-175]齋藤雅典
[2012]
7.菌類による放射性セシウムの吸収・蓄積.[化学と生物,50(10), (2012), 998-1001]齋藤雅典, 山田明義, 松田陽介, 大和政秀
8.学会の新たな発展のために、.[土と微生物,66(1), (2012), 1]齋藤雅典
9.津波による農耕地土壌への被害 ~東北大学・国際シンポジウム「土壌と環境」の報告から~.[日本緑化センター GREEN AGE,(2012年1月号), (2012), 44-46]齋藤雅典
[2011]
10.東北大学フィールドセンターから見た震災.[ビオフィリア,特別号, (2011), 24-26]齋藤雅典
11.リン資源の枯渇と農業生産への有効利用.[生物の科学・遺伝,65(5), (2011), 32-38]齋藤雅典
[2010]
12.農産物におけるカーボンフットプリント:CO2排出量の見える化.[東北農業研究センター 東北農業研究センター農業経営研究,28, (2010), 1-6]齋藤雅典
13.土壌微生物研究の「見える化」.[土と微生物,64(1), (2010), 1-2]齋藤雅典
14.「分類思考の世界 なぜヒトは万物を「種」に分けるのか」(書評).[日本微生物生態学会誌,25(1), (2010), 27]斎藤雅典
15.カーボンフットプリントにおける国内外の現状と今後の展望-農業・食品分野での取り組み.[食品と開発,45(2), (2010), 10-12]齋藤雅典
[2009]
16.Symbiotic nutrient exchange in arbuscular mycorrhiza.[Tohoku Journal of Agricultural Research,60, (2009), 69-72]Saito M, Ito T., Tajima R
17.「食」におけるCO2排出量の「見える化」.[エネルギー・資源,30(3), (2009), 158-161]齋藤雅典
18.農産物・食品におけるカーボンフットプリント:CO2排出量の見える化.[農村と都市を結ぶ,(692), (2009), 38-45]齋藤雅典
[2008]
19.菌根共生系の生態と機能に関する研究.[日本土壌肥料学雑誌,79, (2008), 433-436]Masanroi SAITO
20.Various players in the nitrogen cycle: diversity and functions of microorganisms involved in nitrification and denitrification..[Soil Science and Plant Nutrition,54, (2008), 33-45]Hayatsu M*., Tago K., Saito M.
10.1111/j.1747-0765.2007.00195.x
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University