研究紹介- 古川 善博 -


小惑星の衝突による生物有機分子の生成

生命誕生前の地球にどのようにして生物を構成する有機分子が生成したのでしょうか?
私の研究では、巨大隕石や小惑星の衝突を模擬した実験によって、タンパク質を構成するアミノ酸や核酸(DNA, RNA)を構成する核酸塩基が生成することを明らかにしきました.
写真


ホウ酸によるリボースの安定化: RNAの起源解明に向けて

RNAは遺伝情報の一部を持つ分子であると同時に酵素のように触媒としての働きも持つ生命誕生にとって非常に重要な分子である.しかし、その生成過程は謎に包まれている.私の研究では初期地球環境、特にそこに存在するホウ酸がRNA形成にどのように働くかを研究し、ホウ酸によるリボースの安定化やヌクレオチドの選択的形成を明らかにしてきた.
写真
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University