総説・解説記事- 大森 優子 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:4件
[2019]
1.腸型IPMNはどのように発生するか? CDX2、MUC2、alcian blue三重染色による検討.[膵臓,34(3), (2019), A169]大森 優子, 水上 裕輔, 元井 冬彦, 海野 倫明, 古川 徹
2.IPMNに関する課題克服に向けて IPMN関連膵癌の分子基盤と進展経路.[膵臓,34(3), (2019), A54]水上 裕輔, 大森 優子, 唐崎 秀則
[2018]
3.膵胆道系腫瘍における分子病理学的知見の進歩 基礎から臨床応用まで IPMN関連膵癌におけるMolecular subtypeに基づいたクローン進化モデル.[日本病理学会会誌,107(1), (2018), 236]大森 優子, 小野 裕介, 谷野 美智枝, 唐崎 秀則, 山口 浩, 古川 徹, 篠原 敏也, 真口 宏介, 水上 裕輔, 田中 伸哉
[2016]
4.IPMN関連浸潤癌におけるRNF43,βcatenin,SMAD4,p53の蛋白発現および遺伝子変異プロファイルの解析検討.[日本病理学会会誌,105(1), (2016), 368-]大森優子, 大森優子, 谷野美智枝, 水上裕輔, 小野裕介, 安保義恭, 真口宏介, 西原広史, 篠原敏也, 田中伸哉
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University