総説・解説記事- 組頭 広志 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:72件
[2018]
1.トポタクティックフッ素ドープによるSr<sub>2</sub>IrO<sub>4-x</sub>F<sub>y</sub>薄膜の作製.[応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM),79th, (2018), ROMBUNNO.18a‐223‐1-]丸山敬裕, 近松彰, 片山司, 倉持建汰, 倉持建汰, 荻野拓, 北村未歩, 堀場弘司, 組頭広志, 組頭広志, 長谷川哲也
2.高分解能スピン分解ARPESによるハーフメタル候補物質CoS<sub>2</sub>の電子構造の観測.[日本物理学会講演概要集(CD-ROM),73(2), (2018), ROMBUNNO.11pB206‐3-]藤原弘和, 寺嶋健成, 脇田高徳, 矢野佑幸, 細田渉, 片岡範之, 照屋淳志, 垣花将司, 辺土正人, 仲間隆男, 大貫惇睦, 矢治光一郎, 原沢あゆみ, 黒田健太, 辛埴, 堀場弘司, 組頭広志, 村岡祐治, 村岡祐治, 横谷尚睦, 横谷尚睦
3.高分解能スピン分解ARPESによるCoS<sub>2</sub>の電子構造の解明.[日本物理学会講演概要集(CD-ROM),73(2), (2018), ROMBUNNO.11aPS‐50-]藤原弘和, 寺嶋健成, 脇田高徳, 矢野佑幸, 細田渉, 片岡範之, 照屋淳志, 垣花将司, 辺土正人, 仲間隆男, 大貫惇睦, 矢治光一郎, 原沢あゆみ, 黒田健太, 辛埴, 堀場弘司, 組頭広志, 村岡祐治, 村岡祐治, 横谷尚睦, 横谷尚睦
4.反強磁性秩序を持つ多層ディラック電子系EuMnBi<sub>2</sub>の電子構造の研究.[日本物理学会講演概要集(CD-ROM),73(1), (2018), ROMBUNNO.24pB402‐8-]深田和宏, 増田英俊, 越智正之, 坂野昌人, 堀場弘司, 組頭広志, 黒田健太, 原沢あゆみ, 矢治光一郎, 近藤猛, SHIN S, 酒井英明, 酒井英明, 黒木和彦, 石渡晋太郎, 石渡晋太郎, 石坂香子, 石坂香子
5.二重ジグザグ鎖状の格子歪みをもつ1T“‐VTe<sub>2</sub>の電子状態.[日本物理学会講演概要集(CD-ROM),73(1), (2018), ROMBUNNO.24pK503‐1-]三石夏樹, 杉田悠介, 上谷学, 園部竜也, 坂野昌人, 下志万貴博, BAHRAMY M. S, 堀場弘司, 組頭広志, 田口一暁, 宮本幸治, 奥田太一, 石渡晋太郎, 石渡晋太郎, 求幸年, 石坂香子, 石坂香子
6.Control of two-dimensional electronic states at anatase TiO2 (001) surface by K adsorption.[Phys. Rev. B,97, (2018), 165428-]R. Yukawa, M. Minohara, D. Shiga, M. Kitamura, T. Mitsuhashi, M. Kobayashi, K. Horiba, and H. Kumigashira
[2017]
7.Semimetallic “Electride Bands” Derived from Interlayer Electrons in Quasi-Two-Dimensional Electride Y2C.[Phys. Rev. B,96, (2017), 045101-]K. Horiba, R. Yukawa, T. Mitsuhashi, M. Kitamura, T. Inoshita, N. Hamada, S. Otani, N. Ohashi, S. Maki, J.-i. Yamaura, H. Hosono, Y. Murakami, and H. Kumigashira
8.Emergence of Quantum Critical Behavior in Metallic Quantum-Well States of Strongly Correlated Oxides.[Sci. Rep.,7, (2017), 16621-]M. Kobayashi, K. Yoshimatsu, T. Mitsuhashi, M. Kitamura, E. Sakai, R. Yukawa, M. Minohara, A. Fujimori, K. Horiba, and H. Kumigashira
9.放射光特性を生かした角度分解光電子分光研究.[表面科学,38(11), (2017), 553-558]堀場 弘司、組頭 広志
10.酸化物量子井戸構造に誘起される新奇な2次元電子液体状態.[表面科学,38(12), (2017), 596-601]組頭 広志
[2016]
11.共鳴軟X線散乱を用いた強磁性金属La<sub>0.6</sub>Sr<sub>0.4</sub>MnO<sub>3</sub>薄膜の深さ方向電子状態解析.[日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集,29th, (2016), 87-]芝田悟朗, 和達大樹, 田久保耕, 高橋文雄, SUTARTO Ronny, HE Feizhou, 吉松公平, 組頭広志, 小出常晴, 藤森淳
12.共鳴X線散乱でみたLa<sub>1/3</sub>Sr<sub>2/3</sub>FeO<sub>3</sub>の磁気秩序の膜厚依存.[日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム予稿集,29th, (2016), 63-]山本航平, 山本航平, 平田靖透, 平田靖透, 堀尾眞史, 横山優一, 横山優一, 田久保耕, 簑原誠人, 組頭広志, 山崎裕一, 山崎裕一, 中尾裕則, 村上洋一, 藤森淳, 和達大樹, 和達大樹
13.Isotropic Kink and Quasiparticle Excitations in the Three-Dimensional Perovskite Manganite La0.6Sr0.4MnO3.[Phys. Rev. Lett.,116(7), (2016), 076401-]K. Horiba, M. Kitamura, K. Yoshimatsu, M. Minohara, E. Sakai, M. Kobayashi, A. Fujimori, and H. Kumigashira
10.1103/PhysRevLett.116.076401
14.Influence of k⊥-broadening on ARPES spectra of the (110) and (001) surfaces of SrVO3 films.[Phys. Rev. B,94(12), (2016), 125148-]T. Mitsuhashi, M. Minohara, R. Yukawa, M. Kitamura, K. Horiba, M. Kobayashi, and H. Kumigashira
10.1103/PhysRevB.94.125148
15.軟・硬X線で見たLa<sub>1/3</sub>Sr<sub>2/3</sub>FeO<sub>3</sub>薄膜の電荷・磁気秩序の膜厚依存性.[日本物理学会講演概要集,71(0), (2016), 2288]山本 航平, 平田 靖透, 堀尾 眞史, 横山 優一, 田久保 耕, 簔原 誠人, 組頭 広志, 山崎 裕一, 中尾 裕則, 村上 洋一, 藤森 淳, 和達 大樹
16.19pBP-3 ペロブスカイト酸化物LaNiO_3/LaMnO_3へテロ界面における電荷移動現象.[日本物理学会講演概要集,71(0), (2016)]北村 未歩, 堀場 弘司, 小林 正起, 坂井 延寿, 簔原 誠人, 三橋 太一, 藤森 淳, 藤岡 洋, 組頭 広志
17.19pBM-6 強相関金属酸化物SrVO_3量子井戸における金属-絶縁体転移近傍のフェルミ液体破綻.[日本物理学会講演概要集,71(0), (2016)]小林 正起, 吉松 公平, 三橋 太一, 坂井 延寿, 北村 未歩, 湯川 龍, 簔原 誠人, 藤森 淳, 堀場 弘司, 組頭 広志
18.19pAJ-4 in situ角度分解光電子分光法によるAnatase-TiO_2(001)表面の2次元電子液体発現機構の解明.[日本物理学会講演概要集,71(0), (2016)]湯川 龍, 簔原 誠人, 三橋 太一, 北村 未歩, 小林 正起, 堀場 弘司, 組頭 広志
19.広エネルギー帯域VUV-SXビームライン KEK-PF BL-2 MUSASHIの性能と研究展開.[日本物理学会講演概要集,71(0), (2016), 1272]堀場 弘司, 簔原 誠人, 三橋 太一, 湯川 龍, 北村 未歩, 小林 正起, 豊島 章雄, 田中 宏和, 雨宮 健太, 組頭 広志
[2015]
20.21pBA-13 角度分解光電子分光で見たFeSeの常伝導電子状態(2).[日本物理学会講演概要集,70(1), (2015)]鈴木 裕也, 下志万 貴博, 園部 竜也, 中村 飛鳥, 坂野 昌人, 辻 英徳, 大間知 潤子, 吉岡 孝高, 五神 真, 小野 寛太, 組頭 広志, Bohmer A. E, Hardy F, Wolf T, Meingast C, Lohnevsen H. v, 綿重 達也, 小林 遼, 笠原 成, 池田 浩章, 芝内 孝禎, 松田 祐司, 石坂 香子
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University