研究紹介- 志柿 光浩 -



研究テーマ:高等教育における学習者中心の言語教育方法論の研究

研究目標:大学生の言語習得環境を所与の条件の下で最良のものとすること、またその具体的方法を明示すること

研究の概要:
 本研究テーマは高等教育の現場で恒常的に追及され、その成果が常に教育に還元されるべきものです。受講生が30名を越える多人数の授業環境で、実施に手間ひまのかかるパフォーマンス・テスト、自律的学習、教師と学習者との対話に重要な位置づけを与え、これらを含めた総合的な言語学習環境の創出をめざしています。



研究テーマ:プエルトリコとアメリカ合衆国の関係に関する研究

研究目標:「国民国家」、「帝国」、「植民地主義」などの概念では理解しえない「国家」の属性を明らかにすること

研究の概要:
 本研究では、現在、アメリカ合衆国の一領土であるプエルトリコを州にすべきだとする政治的立場に着目し、これを「国家」を単位とした現代の人類社会における論理的帰結として評価する立場をとっています。従来、独立を目指さず州になろうという考え方は、「同化主義」であるとかアメリカの植民地主義支配への迎合であるといった論調のもとに学界で軽視される傾向にありました。しかし、ここ数年来、プエルトリコ人研究者/思想家の間にこのような立場を主張し、概念化する動きが広がっており、今後これらの動向を分析対象として内外の議論に参加していきたいと考えています。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University