著書論文等- 市川 真理子 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:50件
[2000]
21.[] シェイクスピア時代の「舞台上」と「舞台裏」.[Shakespeare Society of Japan Shakespeare News,39(3), (2000), 18]市川真理子
22.[] Staging in Shakespeare's Theatres.[Oxford University Press,(2000)]Andrew Gurr and Mariko Ichikawa
[1999]
23.[] Overlapping Exits and Entrances in Shakespeare's Plays.[Hot Questrists after English Renaissance (AMS),(1999),145-165]Mariko Ichikawa
[1998]
24.[] Time Allowed for Exits in Shakespeare's Plays.[Japanese Studies in Shakespeare and His Contemporaries (University of Delaware Press),(1998),25-45]Mariko Ichikawa
[1994]
25.[] シェイクスピア劇における登場と退場 ー 退場と登場とのオーヴァーラップについて ー.[英文学研究 (日本英文学会),71,(1994),1-18]市川真理子
[1993]
26.[] 第3グローブの構造.[研究社 英語青年,138(10), (1993), 519]市川真理子
[1992]
27.[] 3つの『ハムレット』?.[研究社 英語青年,138(7), (1992), 340]市川真理子
28.[] ネイサン・フィールド再登場.[研究社 英語青年,138(4), (1992), 173]市川真理子
29.[] ブリティッシュ・ライブラリーの移転.[研究社 英語青年,138(1), (1992), 27]市川真理子
30.[] シェイクスピア劇における退場 ー 開始から完了までにかかる時間について ー.[英文学研究 (日本英文学会),65,(1992),189-206]市川真理子
[1988]
31.[] シェイクスピア劇の情報構造 ー 劇の拍車 ー.[言語と文化 (文教大学言語文化研究所),1,(1988),3-20]市川真理子
32.[] Messengers in Shakespeare's Plays.[Information and Communication Studies (Bunkyo University),9,(1988),111-129]Mariko Ichikawa
[1987]
33.[] 「リチャード二世」の悲劇の構造.[情報研究,7,(1987),142-152]市川真理子
[1986]
34.[] シェイクスピア劇の情報構造ー情報の受け皿ー.[情報研究(文教大学),8,(1986),131-141]市川真理子
35.[] Kent退場?.[人文研究,71,(1986),143-184]市川真理子
[1985]
36.[] シェイクスピア劇における台詞の構造 ー 登場・退場を背景とする台詞について ー.[人文研究,70,(1985),1-21]市川真理子
[1984]
37.[] シェイクスピア劇における台詞の構造.[人文研究,67,(1984),113-132]市川真理子
38.[] A Note on Shakespeare's Stage Direction.[Shakespeare Studies (Shakespeare Society of Japan),22,(1984),31-56]Mariko Ichikawa
[1983]
39.[] シェイクスピア劇における台詞、その配列および配分.[人文研究,65,(1983),35-59]市川真理子
40.[] 「ヘンリー四世・第一部」の劇構成.[大塚リビュー,19,(1983),2-11]市川真理子
Page: [prev] [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University