総説・解説記事- 鈴木 直輝 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:215件
[2005]
201.細菌性髄膜炎,敗血疹を伴った黄色ブドウ球菌による敗血症の1例.[臨床皮膚科,59(7), (2005), 613-616]舛明子, 笹井収, 白鳥宜孝, 佐藤勝久, 鈴木直輝, 加藤昌昭, 塚本哲朗
10.11477/mf.1412101500
202.骨髄キメラマウスを用いた後肢懸垂・再荷重モデルにおける筋肥大メカニズムの解析.[再生医療,4, (2005), 152-]鈴木直輝, 望月靖史, 上住聡芳, 深田宗一朗, 増田智, 深瀬明子, 鈴木友子, 武田伸一
203.MM2型孤発性クロイツフェルト・ヤコブ病の臨床診断.[日本神経学会総会プログラム・抄録集,46th, (2005), 263-]浜口毅, 久慈一英, 三谷和子, 郡山達男, 山下真理子, 川上明男, 井原雄悦, 鈴木直輝, 荒井啓行
204.Dysferlin遺伝子変異の確定した肢帯型筋ジストロフィー2B型の臨床型の解析.[日本神経学会総会プログラム・抄録集,46th, (2005), 105-]高橋俊明, 青木正志, 小野寺好明, 鈴木直輝, 今野秀彦, 林由起子, 西野一三, 埜中征哉, 斎藤博
205.筋ジストロフィーの治療と医学的管理に関する臨床研究論文集 デュシャンヌ型筋ジストロフィーにおける心筋障害についての臨床病理学的研究 3年間における研究成果 5)日本人三好型遠位型筋ジストロフィーと肢帯型筋ジストロフィー2B型のdysferlin遺伝子変異と臨床経過の比較.[筋ジストロフィーの治療と医学的管理に関する臨床研究論文集 平成14-16年度, (2005), 131-134]高橋俊明, 青木正志, 小野寺好明, 鈴木直輝, 堅山真規, 相場瞳, 伊藤真理子, 近藤恵美, 斎藤博, 木村格, 糸山泰人, 今野秀彦
[2004]
206.三好型遠位型と肢帯型筋ジストロフィー2B型のdysferlin遺伝子型と臨床経過.[臨床神経学,44(12), (2004), 1160-]高橋俊明, 青木正志, 竪山真規, 小野寺好明, 鈴木直輝, 吉岡勝, 今野秀彦, 西野一三, 埜中征哉
207.Dysferlin遺伝子異常に伴う筋ジストロフィーマウス(SJLマウス)における遺伝子発現解析.[臨床神経学,44(12), (2004), 1213-]鈴木直輝, 青木正志, 高橋俊明, 日沼雄二, 小野寺好明, 竪山真規, 加藤昌昭, 石垣あや, 割田仁
208.Dysferlin遺伝子に変異をみとめず,dysferlin蛋白の筋線維内局在異常をみとめた遠位型筋ジストロフィーの1例.[臨床神経学,44(10), (2004), 699-702]保住功, 高橋俊明, 青木正志, 林由起子, 鈴木直輝, 松山善次郎, 犬塚貴, 埜中征哉
209.遺伝子治療と診療内科 筋ジストロフィーに対する遺伝子治療.[隔月刊心療内科,8(4), (2004), 237-243]鈴木直輝, 武田伸一
210.Dysferlin遺伝子異常に伴う筋ジストロフィーマウス(SJLマウス)における遺伝子発現解析.[日本神経学会総会プログラム・抄録集,45th, (2004), 371-]鈴木直輝, 青木正志, 高橋俊明, 日沼雄二, 小野寺好明, 竪山真規, 加藤昌昭, 石垣あや, 割田仁
211.高齢発症で新規遺伝子変異を認めた三好型遠位型筋ジストロフィーの一例.[臨床神経学,44(1), (2004), 68-]高野大樹, 鈴木直輝, 青木正志, 高橋俊明, 浅野昌宏, 小野寺好明, 竪山真規, 志賀裕正, 糸山泰人
[2003]
212.MR spectroscopyが鑑別診断に有用であった血管内悪性リンパ腫の1例.[臨床神経学,43(4), (2003), 180-182]鈴木直輝, 永井真貴子, 石垣あや, 鈴木靖士, 小野寺宏, 城倉英史, 隈部俊宏, 志賀裕正, 糸山泰人
213.細菌性髄膜炎に伴った敗血疹の1例.[日本皮膚科学会雑誌,113(1), (2003), 71-]舛明子, 笹井収, 白鳥宜孝, 佐藤勝久, 鈴木直輝, 加藤昌昭, 塚本哲朗
[2002]
214.両側の前骨間神経症候群を呈したneuralgic amyotrophyの1例.[Brain Nerve,54(7), (2002), 605-608]鈴木直輝, 神一敬, 志賀裕正, 加藤宏之, 糸山泰人
215.眼で見る神経内科 糖尿病に合併し四肢麻ひを呈した化膿性頚椎炎の頚部MRI.[月刊神経内科,56(3), (2002), 295-296]鈴木直輝, 永井真貴子, 鈴木靖士, 志賀裕正, 糸山泰人
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University