総説・解説記事- 佐藤 勢紀子 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:49件
[2018]
1.日本語初級学習者を対象とする文化教材の開発.[東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要,(4), (2018)]薄井 宏美・佐藤 保子・虫明 美喜・佐藤 勢紀子
[2017]
2.海外における日本語文語文教育の現状―パネル・ディスカッション報告―.[東北大学言語・文化教育センター年報,(2), (2017), 7-14]佐藤勢紀子,潘鈞,楊錦昌,小野桂子,ALDO TOLLINI
3.非母語話者を対象とする日本語文語文e-learning教材の開発.[東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要,(3), (2017), 307-320]佐藤勢紀子,虫明美喜,楊錦昌,小野桂子,押谷祐子
[2016]
4.日本学専攻学習者を対象とする文語文教育.[専門日本語教育研究,(18), (2016), 55-60]佐藤勢紀子, 串田紀代美, 高橋章則, 小野桂子, 楊錦昌
5.日本語学習者を対象とした文語文e-learning教材の開発.[2016年度日本語教育学会秋季大会予稿集, (2016), 279-280]佐藤勢紀子.虫明美喜
6.文語文を素材とした日本語・日本文化教育.[2016年度日本語教育学会春季大会予稿集, (2016), 78-89]佐藤勢紀子, 虫明美喜, 楊錦昌, 小野桂子
7.留学生を対象とする文語文読解の授業―「日本文化演習(古典入門)」実践報告―.[東北大学言語・文化教育センター年報,(1), (2016), 19-25]佐藤勢紀子
8.共修による日本語・日本文化学習の効果―平成26年度「国際共修ゼミ」開講状況をふまえて―.[東北大学言語・文化教育センター年報,(1), (2016), 1-10]佐藤勢紀子.上原聡,副島健作,虫明美喜,押谷祐子
[2015]
9.文語文を学ぶ漢字系学習者が困難を感じる点―中国・台湾の日本学研 究者に聞く―.[アカデミック・ジャパニーズ・ジャーナル,(7), (2015), 25-32]佐藤 勢紀子
10.学生が創る日本語・日本文化の学びの場―国際共修ゼミ「サマーコースを企画する」の実践を通じて―.[華東理工大学出版社 日語教育与日本学研究―大学日語教育研究国際研討会論文集(2014)―, (2015), 65-69]虫明美喜,押谷祐子,金文浩,佐藤勢紀子
11.文語文を学ぶ日本語学習者が困難を感じる点―非漢字系日本学研究者に聞く―.[東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要,(1), (2015), 163-172]佐藤勢紀子
[2014]
12.東北大学を「母校」にするプロジェクト―国際共修ゼミ「多文化クラス」を発展させた大学紹介ビデオ制作―.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,(9), (2014), 115-124]押谷祐子,虫明美喜,上原聡,中村渉,副島健作,佐藤勢紀子
13.留学生を対象とする古典入門の授業―日本語学習者のための文語文読解教材の開発を目指して―.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,(9), (2014), 99-113]佐藤勢紀子
14.「国際共修ゼミ」の開設とその成果.[東北・北海道地区大学等高等・共通教育研究会,(63), (2014), 43-47]佐藤勢紀子
[2013]
15.アカデミック・ジャパニーズ教育の中核的意義―中国・韓国・ロシア・日本における実践から―.[専門日本語教育研究,(15), (2013), 35-40]因京子,陳俊森,李吉鎔,マリーナ・カリュジノワ,佐藤勢紀子
16.怨霊思想.[東京堂出版 日本思想史事典, (2013), 70-71]佐藤勢紀子
17.『栄華物語』.[東京堂出版 日本思想史事典, (2013), 88-89]佐藤勢紀子
18.宿世の思想.[東京堂出版 日本思想史事典, (2013), 78-79]佐藤勢紀子
19.源氏物語.[岩波書店 岩波講座 日本の思想 第2巻 場と器, (2013), 274-284]佐藤勢紀子
20.大学教員の異文化理解促進を目的とするセミナーの開講―PDプログラムの一環として―.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,(8), (2013), 175-186]佐藤勢紀子
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University