論文- 佐藤 勢紀子 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:51件
[2016]
1.文語文読解教材開発に向けての指針―中国・台湾の日本学研究者への調査から―.[日本語教育与日本学研究―大学日語教育研究国際研討会論文集(2015),(2016),12-16]佐藤勢紀子,虫明美喜
[2015]
2.『源氏物語』に描かれた陸奥憧憬―河原院伝説との関係を中心に―.[国際文化研究科論集,(23),(2015),122-109]佐藤 勢紀子
[2014]
3.『源氏物語』における宿世と女性―「宿世」の用例を中心に―.[東アジアの文学・言語・文化と女性(武蔵野書院),(2014),69-98]佐藤勢紀子
[2013]
4.紫式部の別れの日―家集冒頭二首に詠まれた年時―.[日本文学,62(9),(2013),15-24]佐藤勢紀子
5.学術論文の構造型とその分布―人文科学・社会科学・工学270 論文を対象に―.[日本語教育,(154),(2013),85-99]佐藤勢紀子,大島弥生,二通信子,山本富美子,因京子,山路奈保子
6.物語とジェンダー―「女の身」と「女の心」をめぐる一考察―.[日語教育与日本学研究―大学日語教育研究国際研討会論文集(2012)―,(2013),183-187]佐藤勢紀子
[2012]
7.軍記物語に見る女性観の変容―「女の身」をめぐって―.[日本語とジェンダー,(12),(2012),1-12]佐藤勢紀子,Onyshchenko Vyacheslav
[2011]
8.『平治物語』諸本に見る歴史叙述の変容.[国際文化研究科論集,(19),(2011),35-43]佐藤 勢紀子
[2010]
9.学術論文の導入部分における展開の型の分野横断的比較研究.[専門日本語教育研究,(12),(2010),27-34]大島弥生,佐藤勢紀子,因京子,山本富美子,二通信子
[2009]
10.『源氏物語』における罪と宿世ー紫の上の罪意識を中心に―.[国際文化研究科論集,(17),(2009),129-140]佐藤勢紀子
11.沈黙する浮舟―女性の在家菩薩は救われるか―.[源氏物語の新研究ー宇治十帖を考えるー(新典社),(2009),228-246]佐藤勢紀子
12.中古文芸を意義づけるもの―『源氏物語』における方便の思想を中心に―.[文芸研究,(167),(2009),22-33]佐藤勢紀子
[2008]
13.不軽行はなぜ行われたかー宇治十帖に見る在家菩薩の思想ー.[日本文学,57(5),(2008),64-73]佐藤 勢紀子
[2007]
14.「光君」の由来-『法華経』序品の文殊菩薩像をめぐって-.[国際文化研究科論集,(15),(2007),141-152]佐藤 勢紀子
15.王朝文学と経典−天台五時判摂取の諸相−.[王朝文学と仏教・神道・陰陽道(竹林舎),(2007),8-28]佐藤勢紀子
[2006]
16.桐壺巻の構成と聖徳太子伝−「光君」命名記事をめぐって−.[源氏物語の始発−桐壺巻論集−(竹林舎),(2006),219-238]佐藤勢紀子
17.『源氏物語』とジェンダー−「宿世」を言わぬ女君−.[日本語とジェンダー(ひつじ書房),(2006)]佐藤勢紀子
18.『源氏物語』における自己認識の性差−「思ひ知る」の用法を中心に−.[日本語とジェンダー,(6),(2006),1-10]佐藤勢紀子
[2005]
19.紫式部の願望−「思ひかけたりし心」の真意−.[国際文化研究科論集(東北大学),(13),(2005),120-132]佐藤勢紀子
[2004]
20.断り表現「いいです」の学習者による解釈.[東北大学留学生センター紀要,(7),(2004),1-10]佐藤勢紀子
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University