研究紹介- 原田 昌彦 -


エピジェネティック制御における細胞核・クロマチンの機能解析

最近のゲノムプロジェクトの進展により、様々な生物のゲノムDNA配列が決定され、新規の遺伝子の存在が明らかにされている。疾病関連遺伝子の有用遺伝子なども含め、このゲノム情報を活用するためには、転写などのゲノム機能やゲノム安定性の維持がどのように制御されているかを理解する必要がある。真核細胞ではゲノムは核タンパク質と結合したクロマチンとして細胞核内に収納されている。特定の遺伝子領域のクロマチン構造を変換させて遺伝子発現・ゲノム安定性をなどを制御する機構を知り、これをゲノム情報の利用に応用することは、有用タンパク質の生産のみならず、薬剤の開発、遺伝子治療を含む疾病の治療、再生医療などの面からの強いニーズが存在する。
URLhttps://sites.google.com/site/mhslab00/home
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University