研究紹介- 野村 慎一郎 -


分子ロボット・人工細胞のデザインと構築

野村研究室では,微小な溶液空間で自律的に働き,かつプログラム可能な「分子ロボット・人工細胞」を生体分子や合成高分子などの材料を用いてつくりだし,社会に提供することを目標としています.現在,細胞を構成する分子についての知識と操作技術は飛躍的に高まっており,そこでは生命と機械とは相反する概念ではなく,小さく柔らかい分子機械の統合システムこそが生命であるといえましょう.多数の分子が水分子やイオンと絶えずランダムに衝突する一種の極限環境において,プログラム通りに,そして自律的に目的を果たす人工物を完成させるには,自然に学び,分子設計と自己組織化を利用した工作の仕方を考え,分子のはたらきを統合する分子システムを設計して実際に動かす知恵と努力が必要です.この,人類の可能性を文字通り底上げする挑戦を通じて,新たな発見・発明と人財を世に出すことこそが本研究室の存在意義です.
URLhttp://www.molbot.mech.tohoku.ac.jp
写真
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University