総説・解説記事- 石田 孝宣 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:623件
[2018]
1.乳がんFEC100療法におけるニューロキニン1受容体拮抗薬の費用効果分析の検討.[医薬品相互作用研究,42(2), (2018), 95-102]中川 直人, 渡邊 桂子, 菊地 正史, 石田 孝宣, 木皿 重樹, Lai Leanne
2.HER2陽性進行再発乳癌におけるPertuzumab及びT-DM1の使用経験.[東北医学雑誌,130(1), (2018), 131-132]金井 綾子, 佐藤 章子, 多田 寛, 渡部 剛, 宮下 穣, 原田 成美, 濱中 洋平, 飯田 雅史, 小坂 真吉, 谷内 亜衣, 佐藤 未来, 柳垣 美歌, 石田 孝宣
3.【乳癌-診断・治療の最新知見-】 乳癌の診断 高濃度乳房における超音波検査の有用性.[日本臨床,76(5), (2018), 709-713]鈴木 昭彦, 石田 孝宣
4.トリプルネガティブ乳癌におけるグルココルチコイドの生物学的作用.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 580]金井 綾子, McNamara Keely May, Fouzia Guestini, 岩渕 英里奈, 小野寺 好明, 三木 康宏, 宮下 穣, 山口 倫, 大井 恭代, 相良 安昭, 石田 孝宣, 笹野 公伸
5.沖縄県多施設連携遺伝性乳がん卵巣がん症候群診療システム 今までの歩みと今後の課題.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 435]高良 梓, 玉城 研太朗, 鎌田 義彦, 上原 協, 滝上 なお子, 山城 和子, 新垣 美羽, 玉津 陽子, 宮下 穣, 石田 孝宣, 玉城 信光
6.Affibodyの新規18F標識法によるHER2発現乳癌の分子イメージング.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 431]谷内 亜衣, 原田 龍一, 岩田 錬, 吉川 雄朗, 古本 祥三, 谷内 一彦, 石田 孝宣
7.乳癌術前化学療法後のMRIとCTによる臨床的完全奏功と病理学的完全奏功の検討.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 413]濱中 洋平, 多田 寛, 渡部 剛, 原田 成美, 佐藤 章子, 宮下 穣, 千葉 和治, 森 菜緒子, 石田 孝宣
8.検診感度調査における地域がん登録の有用性.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 381]鈴木 昭彦, 石田 孝宣, 渡部 剛, 原田 成美, 塩野 洋子[成川], 鄭 迎芳, 大内 憲明
9.周術期不安コントロールプログラムによる看護介入シングルアーム試験.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 361]嘉数 ひとみ, 玉城 研太朗, 鎌田 義彦, 上原 協, 滝上 なお子, 山城 和子, 新垣 美羽, 宮下 穣, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 玉城 信光
10.乳がん術後5年までの上肢機能障害予防改善に向けた教育介入のセルフケア効果.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 360]佐藤 冨美子, 石田 孝宣
11.身体活動は乳癌患者の予後に影響するか システマティックレビュー及びメタアナリシス.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 344]河合 賢朗, 野村 長久, 岩崎 基, 山本 精一郎, 大谷 彰一郎, 岡村 仁, 新井 正美, 高松 潔, 角川 陽一郎, 石田 孝宣, 池田 雅彦, 岩田 広治, 日本乳癌学会診療ガイドライン委員会
12.DCIS治療の最適化 非浸潤性乳管癌の温存乳房に対する放射線療法の有用性の検討.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 313]佐藤 章子, 多田 寛, 渡部 剛, 原田 成美, 宮下 穣, 濱中 洋平, 鈴木 昭彦, 石田 孝宣
13.明るいサバイバーシップを目指した若年性乳癌患者の診療 沖縄県妊娠期がん診療ネットワーク協議会 多診療科連携システムの地域モデルケースとしての取り組み.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 308]玉城 研太朗, 新垣 美羽, 高江洲 睦代, 具志川 央野, 鎌田 義彦, 上原 協, 滝上 なお子, 座波 久光, 宮下 穣, 石田 孝宣, 笹野 公伸, 山内 英子, 玉城 信光
14.明るいサバイバーシップを目指した若年性乳癌患者の診療 若年性乳がん患者の妊孕性温存に対するニーズの背景.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 307]金澤 麻衣子, 原田 成美, 多田 寛, 渡部 剛, 宮下 穣, 佐藤 章子, 濱中 洋平, 鈴木 昭彦, 石田 孝宣
15.新規画像モダリティの開発から見えてきた乳癌像 標本PEMを用いた乳房温存手術の最適化のシミュレーション.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 305]渡部 剛, 伊藤 正敏, 渡部 浩司, 宮下 穣, 原田 成美, 濱中 洋平, 佐藤 章子, 多田 寛, 石田 孝宣
16.新規バイオマーカーの臨床応用、予後予測因子・治療効果予測因子 CDK4/6阻害剤耐性機序の解明と次治療の基礎的検討.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 302]飯田 雅史, 中村 美紗都, 徳田 恵美, 丹羽 俊文, 石田 孝宣, 林 慎一
17.HER2陽性再発・転移乳癌の治療戦略 蛍光ナノ粒子を用いたHER3の高感度定量化と臨床病理学的考察 HER3標的治療に向けた検討.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 297]多田 寛, 宮下 穣, 濱中 洋平, 佐藤 章子, 原田 成美, 渡部 剛, 権田 幸祐, 石田 孝宣
18.リキッドバイオプシイ:ctDNA、CTC、microRNAなど メタボローム解析を用いた血中代謝産物の測定と血中新規バイオマーカーへの応用.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 292]原田 成美, 多田 寛, 渡部 剛, 宮下 穰, 濱中 洋平, 佐藤 章子, 曽我 朋義, 石田 孝宣
19.乳癌診療におけるビッグデータの活用 乳癌術前化学療法施行例におけるPMRTの有効性の検証 NCD乳癌登録を用いた3226例の解析.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 289]宮下 穣, 新倉 直樹, 隈丸 拓, 宮田 裕章, 石田 孝宣, 木下 貴之, 津田 均, 中村 清吾
20.多遺伝子アッセイの現状と展望 早期乳がん予後予測バイオマーカーTP53 signatureの簡易測定法の開発と分子生物学的意義.[日本乳癌学会総会プログラム抄録集,26回, (2018), 277]山口 茂夫, 高橋 信, 石田 孝宣, 角川 陽一郎, 野水 整, 大内 憲明, 加藤 俊介, 石岡 千加史
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University