論文- 岡田 毅 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:27件
[2016]
1.On the Importance of Out-of-Class Language Learning Environments: A Case of a Web-Based E-Portfolio System Enhancing Reading Proficiency.[International Journal on Studies in English Language and Literature,4(8),(2016),77-85]Somayeh Fathali, Takeshi Okada
10.20431/2347-3134.040811
2.A Self-Determination Theory Approach to Technology-Enhanced Out-of-Class Language Learning Intention: A Case Study of Japanese EFL Learners.[International Journal of Research Studies in Language Learning,6(4),(2016),53-64]Somayeh Fathali, Takeshi Okada
10.5861/ijrsll.2016.1607
[2015]
3.新しいeラーニングシステムiBELLEsの可能性について.[国際文化研究科論集,23,(2015),79-89]岡田毅
4.新しいe-learningシステムiBELLEsの拓くEFL教育支援の可能性.[日本e-Learning学会『第18回(2015年度)学術講演会論文集』,(2015),127-135]岡田毅
5.Dynamic lesson planning in EFL reading classes through a new e-learning system.[Critical CALL – Proceedings of the 2015 EUROCALL Conference, Padova, Italy,(2015),1-6-]Takeshi Okada and Yasunobu Sakamoto
10.14705/rpnet.2015
[2014]
6.EFL Reading Instruction Based on Information Sharing among Multi-purpose Corpus System Users.[Opening New Lines of Communication in Applied Linguistics: Proceedings of the 46th Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics,(2014),368-380]Takeshi Okada
7.私のコーパス利用.[『コーパスと英語研究』英語コーパス研究シリーズ第1巻. ひつじ書房,(2014),33-52]岡田毅
[2013]
8.英語コーパスを利用した解析システムにおける英文表示パッケージの開発と評価.[平成24年度第5回情報処理学会東北支部研究会発表資料,(2013),1-4]藤野玄太, 岡田毅, 坂本泰伸
9.語学教育支援システムCHAPELの評価実験の報告.[2013年電子情報通信学会総合大会講演集,(2013),42]藤野玄太, 岡田毅, 坂本泰伸
[2012]
10.ユーザ間の情報共有に立脚した英語教育および学習支援—協働を保証する高汎用性コーパスシステムを用いて.[e-Learning教育研究,7,(2012),11-22]藤野玄太, 岡田毅, 坂本泰伸
11.マルチメディアコーパスの意義と特性について.[国際文化研究科論集,20,(2012),145-154]岡田毅
[2011]
12.汎用的コーパスシステムにおけるユーザーの概念.[e-Learning教育研究,6,(2011)]岡田毅
13.汎用的英語コーパス解析システムにおける入力ソース整備モジュールについて.[国際文化研究科紀要,19,(2011)]岡田毅
14.東北大学全学教育における英語読解用語彙の選定について.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,6,(2011)]岡田毅
[2010]
15.3階層モデル準拠の新しいコーパス解析システムにおける英語スペルチェッカーの改良.[『国際文化研究科論集』,(17),(2010),35-52]岡田毅
16.A New RDBMS and Flexible POS Tagging for EFL Learners and Researchers: Designing a Corpus Analysis System Based on the Three-tier Model.[CAHE Journal of Higher Education,5,(2010),43-52]Takeshi Okada, Yasunobu Sakamoto
[2009]
17.「「学びの転換」を視野に入れたヨーロッパの4大学視察」.[『大学における「学びの転換」と言語・思考・表現』,(2009),49-84]岡田毅
[2007]
18.eラーニングにおけるinteractionについて -- SCPDから学べること --.[e-Learning教育研究,2,(2007),1-12]岡田毅
19.コーパス研究と中学校英語教科書 -- 新しい動詞分類基準に向けて--.[国際文化研究科論集,(15),(2007),99-114]岡田毅
20.The Adaptation of an English Spellchecker for Japanese Writers.[Proceedings of the Symposium on Second Language Writing: Second Language Writing in the Pacific Rim,(6),(2007),15-]Takeshi Okada, Roger Mitton
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University