研究紹介- 阿部 直樹 -


酢酸菌の生産する酸性複合多糖アセタンの微生物酵素分解に関する研究

 酢酸菌はバクテリアルセルロースと呼ばれるセルロースを生産します。このセルロースは植物由来のものとは異なり、純粋で微細な繊維構造を有することから、新素材として各方面での応用が期待されています。ところが、酢酸菌は同時に副産物である酸性複合多糖アセタンも生産し、これがセルロースの生産性向上の障害になっています。
 そこで本研究では、この副産物であるアセタンを分解除去する方法として、微生物の酵素を利用する技術を確立することを目的としています。


カット野菜類の微生物制御に関する研究

カット野菜、芽出し野菜は生で食する食品であり、高度な衛生基準が求められるにもかかわらず、実際には多くの細菌が付着しており、製品の劣化や食した場合の体調不良の原因となっている。
この問題を解決する目的で、細菌数を抑制する技術開発を研究している。


生分解性プラスチックの微生物分解に関する研究

 ポリ乳酸は今話題の生分解性プラスチックの一種であり、再生可能な植物資源を原料にしていること、また自然界において微生物分解されることなどから、環境に優しい新素材として利用が拡大しています。しかし、これまでは微生物分解メカニズムに関しては研究が進んでいませんでした。そこで本研究の目的は、分解に関与している微生物、酵素、遺伝子を解明することであります。


モヤシを汚染するカビを制御する研究

モヤシの原料である緑豆には、その表面だけでなく種子内部にまでカビの汚染が生じている場合があり、通常の洗浄・殺菌法ではモヤシの製造過程でカビの繁殖が生じてしまう危険を伴っている。私は、種子内部に生息しているカビの影響を低減化するための技術開発研究を行って居る。


バイオリソースとしての粘液細菌コレクションの構築

 粘液細菌(Myxococcus)は特殊な性質を示す土壌細菌である。その主な特徴は、他の微生物菌体を栄養源とする、そのために他の微生物に作用する各種の溶菌酵素や抗生物質等を分泌する、各々の細胞が集まって子実体を形成するなど集団性を示す、などである。本研究では、粘液細菌を生理活性物質のバイオリソースとして注目し、菌株のコレクションと分譲を行っている。


ルーメン細菌Selenomonas ruminantiumのポリアミン代謝に関する研究

 ルーメン細菌は反芻動物の胃に生息する細菌であり、動物が食べたいろいろな物質を分解する能力に優れています。
 大腸菌などではポリアミンは生育に必須ではありませんが、標記の細菌はポリアミンが無いと生育することができません。
 本研究の目的は、標記細菌がどのようにしてポリアミンを生合成しているか、その生合成はどのように制御されているのかを解明することであります。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University