総説・解説記事- 早坂 忠裕 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:18件
[2017]
1.「地球観測の将来構想に関わる世界同行の分析」第4章:全球マイクロ波センサ.[日本気象学会 気象研究ノート,234, (2017)]中村健治、江淵直人、沖理子、可知美佐子、久保田拓志、青梨和正、沖大幹、早坂忠裕、今岡啓治
2.日本学術会議提言「我が国の地球衛星観測のあり方について」.[日本気象学会 天気,64(10), (2017), 747-751]佐藤薫、高薮縁、早坂忠裕
[2014]
3.雲の衛星観測と気象学・気候変動科学.[日本リモートセンシング学会 日本リモートセンシング学会誌,34(4), (2014), 266-277]早坂忠裕
4.雲の放射特性の基礎.[北海道大学低温科学研究所 低温科学,72, (2014), 145-150]早坂忠裕
[2013]
5.わが国の今後の衛星観測計画について.[日本気象学会 天気,60(6), (2013), 433-444]笹野泰弘、祖父江真一、江淵直人、岡本幸三、佐藤正樹、沢田治雄、中村健治、早坂忠裕、本多嘉明
[2006]
6.Sky-radiometerを用いたエアロゾル光学特性の導出.[近畿大学 理工学総合研究所研究報告,18, (2006), 67-74]保本正芳、佐野 到、向井苑生、早坂忠裕
[2005]
7.空の色.[旅の文化研究所 まほら,(10月), (2005), 18-19]早坂忠裕
8.東アジア域における雲・エアロゾル・日射量の長期変動について.[大気化学研究会 第15回大気化学シンポジウム講演集, (2005), 20-23]早坂忠裕
9.第1回日本・中国・韓国気象学会共催国際シンポジウム報告.[日本気象学会 天気,52, (2005), 845-849]住 明正、上田 博、松本 淳、近藤 豊、谷本浩志、早坂忠裕
[2002]
10.衛星で計る雲.[クバプロ 宇宙からみる地球の姿(第16回「大学と科学」公開シンポジウム講演収録集), (2002), 136-144]早坂忠裕
[2001]
11.「地球温暖化」の問題をめぐって.[日本学術振興会 学術月報,54, (2001), 1026-1029]早坂忠裕
[2000]
12.衛星による雲の微物理特性の観測.[月刊海洋,32, (2000), 291-298]早坂忠裕、菊地信行
[1996]
13.空気の密度が生むマジック.[朝日新聞社 AERA Mook、気象学のみかた, (1996), 126-129]早坂忠裕
14.隕石説、火山噴火説をめぐって.[朝日新聞社 AERA Mook、気象学のみかた, (1996), 118-121]早坂忠裕
[1995]
15.大気は太陽放射をどれだけ吸収するのか?.[日本気象学会 天気,42, (1995), 789-797]早坂忠裕
[1993]
16.大気汚染の衛星リモートセンシング.[大気汚染学会誌,28, (1993), A128-A135]早坂忠裕
17.TOGA-COAREにおけるNASAの航空機観測.[日本気象学会 天気,40, (1993), 549-553]早坂忠裕
[1989]
18.宇宙からみた東北の自然(II)−東北上空の煙と沿海州の森 林火災−.[SENAC, Tohoku Univ.,22, (1989), 19-21]早坂忠裕、川村 宏
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University