著書論文等- 今泉 俊文 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:152件
[1989]
121.[] 1985年千屋断層(花岡地区)トレンチ調査.[活断層研究,(6),(1989),81-86]今泉俊文・宮内崇裕
[1988]
122.[] 立川断層の活動に伴って生じた古霞湖のトレンチ調査.[活断層研究,(5),(1988),71-76]鈴木毅彦・角田清美・今泉俊文・貝塚爽平・他3名
123.[] 1983年糸静線活断層系(岡谷地区中島A遺跡地)トレンチ調査.[活断層研究,(5),(1988),3-10]東郷正美・今泉俊文
124.[] 1983年糸静線活断層系(茅野地区)トレンチ調査.[活断層研究,(5),(1988),18-22]東郷正美・今泉俊文・糸静線活断層研究グル-プ
125.[] 1983年糸静線活断層系(富士見地区)トレンチ調査.[活断層研究,(5),(1988),11-17]平川一臣・東郷正美・今泉俊文・糸-静線活断層研究グル-プ
[1987]
126.[] 三浦半島南東部沖金田湾における海底活断層の発見(新称:金田湾断層).[活断層研究,(4),(1987),28-36]今泉俊文・島崎邦彦・中田高・千田昇・他7名
127.[] プレ-トテクトニクスと造山帯.[山川出版社 歴史と地理,(380), (1987), 10-14]今泉俊文
[1986]
128.[] 千屋断層(秋田県)の完新世の活動と断層先端の形態.[東京大学地震研所彙報,61(2),(1986),339-402]今泉俊文・中田高・松田時彦・千屋断層研究グル-プ
129.[] 1980年丹那断層(名賀地区)トレンチ調査.[活断層研究,(3),(1986),19-23]今泉俊文・松田時彦・丹那断層研究グル-プ
130.[] 1982年千屋断層(小森地区)トレンチ調査.[活断層研究,(3),(1986),65-73]今泉俊文・松田時彦
131.[] 中国(挟西省)にあらわれたク-プ性地割れをみる.[活断層研究,(2),(1986),3-10]松田時彦・貝塚爽平・岡田篤正・今泉俊文
[1985]
132.[] 北海道奥尻島の完新世海成段丘.[地理学評論,58(9),(1985),596-608]三好真澄・太田陽子・澤 祥・今泉俊文・鹿島薫
133.[] 長野県岡谷市・大久保遺跡にあらわれた断層露頭.[活断層研究,1,(1985),56-66]東郷正美・今泉俊文・澤祥・松田時彦
[1984]
134.[] 丹那断層・名賀地区トレンチ調査.[月刊地球,6(3),(1984),146-154]今泉俊文,丹那断層発掘調査団
135.[] 北硫黄島の地形と地質.[小笠原研究,10,(1984),1-24]菊池隆男・今泉俊文
136.[] Horizontal strain rates of the Japanese Islands estimated from Quaternary fault data.[Geogr. Rep.Tokyo Metrop. Univ,19,(1984),43-65]Kaizuka,S., Imaizumi,T.
[1983]
137.[] 父島列島・母島列島の陸上地形.[小笠原研究年報,7,(1983),3-11]今泉俊文,田村俊和
138.[] 丹那断層(北伊豆・名賀地区)の発掘調査.[東京大学地震研究所彙報,58(4),(1983),797-830]松田時彦・太田陽子・今泉俊文・丹那断層発掘調査研究グル-プ
[1982]
139.[] チチカカ湖・デサグァデーロ川(ボリビア)の段丘地形と湖面変動.[地学雑誌,91(2),(1982),104-123]平川一臣,野上道男,小畴尚,今泉俊文
140.[] 小笠原諸島(母島列島)の陸上地形.[小笠原諸島自然環境現況調査報告書,(3),(1982),39-50]今泉俊文,田村俊和
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University