著書論文等- 今泉 俊文 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:152件
[2003]
61.[] 弓ヶ浜半島の完新世における地形発達と海岸線変化.[山梨大学育人間科学部研究紀要,5(1),(2003),1-23]楮原京子・今泉俊文
62.[] 丹那断層の過去3000年間の活動履歴と単位変位量−田代地区における3Dトレンチ・Geo-slicer調査−.[地震 第2輯,55(4),(2003),407-424]近藤久雄・遠田晋次・堤浩之・杉下一郎・中田高・奥村晃史・島崎邦彦・高田圭太・池田哲也・原口強
[2002]
63.[] 断層の極新期断層変位地形の形成過程−岐阜県海津郡南濃町志津菖蒲原地区における地層抜き取り調査−.[活断層研究,(22),(2002),115-126]石山達也・東郷正美・佐藤比呂志・中田高・野原壮・原口強
64.[] 活断層図思考—松田時彦先生の古稀にあたって−.[活断層研究,(22),(2002),71-75]今泉俊文,中田 高
65.[] 都市圏活断層図「北上」図幅.[国土地理院,(2002)]今泉俊文,後藤秀昭,宮内崇裕,八木浩司,渡辺満久
66.[] Tectonic evaluation and deep to shallow geometry of Nagamachi-Rifu Active Fault System, NE Japan.[Earth Planets Space,54,(2002),1039-1043]Hiroshi Sato, Takeshi Yoshida, Hisao Ito and Akira Hasegawa
67.[] 活断層詳細デジタルマップ.[東京大学出版会,(2002)]中田高,今泉俊文(編)
68.[] 第四紀逆断層アトラス.[東京大学出版会,(2002)]池田安隆,今泉俊文,東郷正美,平川一臣,宮内裕,佐藤比呂志(編)
[2001]
69.[] インド西部地震調査報告書.[(2001)]代表者:佐藤魂夫,ほか
70.[] 都市圏活断層図「白石」図幅.[国土地理院,(2001)]今泉俊文,松多信尚,渡辺満久,澤祥,中田高,宇根寛,丹羽俊二
71.[] January 26, 2001, the Republic Day (Bhuj) earthquake of Kachchh and faults, Gujarat, western India.[Active fault Research,(20),(2001),112-126]Javed N. Malik Takashi Nakata, Hiroshi Sato, Toshikazu Yoshioka, George Philip, A.K. Mahajan, R. V. Karanth
72.[] 極浅層反射法地震探査による千屋断層(一丈木)の地下断面.[活断層研究,(20),(2001),45-50]松多信尚・Tomas Pratt・ Robert William・ 佐藤比呂志・蔵下英司・加藤直子・荻野スミ子・森屋洋・阿部真郎
73.[] 震源断層−活断層システムのイメージングの意義と現状.[地学雑誌,110(6),(2001),838-848]佐藤比呂志・伊藤谷生・池田安隆・平田直・井川猛,
74.[] Extensive surface deformation around Budharmora associated with the january 26 2001 Republic (Bhuj)earthquake of India.[Active Fault Research,(20),(2001),127-136]Takashi Nakata, Toshikazu Yoshioka, Hiroshi Sato, Toshifumi Iamizumi, Javed N. Malik George Philip, A.K. Mahajan, R. V. Karanth
75.[] 糸魚川-静岡構造線活断層系北部神断層の浅部構造と平均的なすべり速度(反射法地震探査とボ —リングの結果).[活断層研究,(20),(2001),59-70]松多信尚・池田安隆・今泉俊文・佐藤比呂志
76.[] 内陸活断層の詳細判読に基づく断層パラメタ・データベースの構築.[(2001)]今泉俊文ほか
77.[] 荒川(山梨県)の河岸段丘地形.[山梨大学教育人間科学部研究紀要,2(2),(2001),50-56]中澤紀枝・今泉俊文
78.[] 中央構造線活断層系(四国)の最新活動時期からみた活断層系の活動集中期.[地震2輯,53(3),(2001),205-219]後藤秀昭・中田高・堤浩之・奥村晃史・今泉俊文・中村俊夫,・渡邉トキエ
79.[] 教育人間科学部学生のインターネット活用に関するアンケート調査.[山梨大学総合情報処理センター研究報告,4(1), (2001), CD-ROM-]今泉俊文・情報教育委員会
[2000]
80.[] 座談会:21世紀における活断層研究に展望−これからの活断層研究は何を目指 すべきか−.[海洋出版 月刊地球,(号外31), (2000), 189-209]池田安隆・今泉俊文・岡田篤正・中田高・松田時彦・島崎邦彦
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University