論文- 木谷 忍 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:67件
[2017]
1.Psychophysiological Preference Monitoring by Cerebral Hemoglobin Measurement during Chewing an Apple Piece.[International Journal of Psychology and Behavioral Sciences,7(5),(2017),127-134]Soo-Young Park, Tadashi Hasebe, Motoaki Sugiura, Akio Nibe, Yuji Oura, Shinobu Kitani
[2016]
2.小学生と大学生の環境保全意識と科学技術に関する比較研究―環境と科学技術を考える講義・映画・ゲームを通して―.[環境共生,29,(2016),3-12]木谷忍、長谷部正、北山暁
[2015]
3.コミュニケーション行為としての物語りによる共感の発生ー山形県最上町におけるアスパラガス産地化物語を事例として―.[日本シミュレーション&ゲーミング学会,25(1),(2015),11-20]小山田晋、木谷忍、阿部はるか
[2014]
4.「自然」概念をめぐるコミュニケーション可能性に関する研究―自然観の4カ国間比較を通して―.[第17回日本環境共生学会学術大会発表論文集,(2014),28-35]小山田晋、長谷部正、木谷忍、朴寿永、范為仁
5.The Influence of Formal Mindsets on Decision Maker Attitudes When Confronted with Difficult Problems : A view of Gaming Simulation “Lost in Space” Using Inner Measurement.[W.Bertelsmann Verlag,(2014)]S.Kitani, T.Hasebe
6.思考の形式化が困難な意思決定環境での態度に与える影響について.[日本シミュレーション&ゲーミング学会2014年度春期全国大会発表論文集,(2014)]木谷忍
7.漁業資源に着目した地域づくりのロールプレイゲーミング.[農業経済研究報告,(45),(2014),28-37]田村宣喜、木谷忍
[2013]
8.農業者の視点に立つためのライフストーリー調査実習に関する実験研究.[2013年度日本農業経済学会論文集,(2013),133-140]小山田晋*,木谷忍,高橋明彦,伊藤良平,北山暁
9.高度経済成長社会での地域文化保全意識への共感―中国蔚県での伝統工芸「剪紙」の工場経営を巡るロールプレイゲーミングから―.[シミュレーション&ゲーミング,23(1),(2013),1-9]木谷忍*,小山田晋,チョウウンボ
10.演じる社会の加速.[農業経済研究報告,(44),(2013),68-75]木谷忍*、庄司菜々
[2012]
11.An alternation of students' philosophy of life after 2011 East-Japan great disaster.[Health and the Environment Journal,3(3),(2012),36-45]Shinobu Kitani*, Hiroyuki Yasue, Shin Oyamada
12.子どもの遊ぶ環境づくりへの支援態度に関する基礎的研究-子どもの遊びの多様性の回復のために.[環境共生,20,(2012),24-33]木谷忍*,木村美智子
13.東日本大震災被災地復興に対するよそ者のかかわり方に関する倫理学的研究.[農業経済研究報告,43,(2012),15-36]小山田晋*、長谷部正、木谷忍、安江紘幸、伊藤まき子
14.子ども時代の遊びの経験と思考の形式化について.[農業経済研究報告,43,(2012),37-45]木谷忍*、柴田亮太
[2011]
15.農学分野における学士課程教育の役割-「非まじめ」授業実験を基に.[2011年度日本農業経済学会論文集,(2011),79-86]長谷部正*、安江紘幸、木谷忍
16.持続可能な地域づくりのための伝統文化活動の機能について-社会関係資本の土台としての文化資本の観点から.[地域学研究,41(3),(2011),733-741]木谷忍*,長谷部正,飯塚聖司
17.子どもの遊びの多様性の喪失について―福島県相馬市での遊びの現状と保護者たちの認識―.[農業経済研究報告,(42),(2011),55-61]木谷忍*、木村美智子、今野浩次
[2010]
18.環境倫理に根ざす環境意識・行動のエスカレーシション-食・農・社会環境観にみる説得ゲーミング.[農業経済研究報告,41,(2010),37-47]木谷忍*、柴田直
[2009]
19.内部観測にもとづく異文化理解シミュレーションでの体験評価に関する研究―予想外の出来事をどう捉えどう評価するか―.[シミュレーション&ゲーミング,19(1),(2009),61-72]木谷忍
20.内部観測理論によるシミュレーションでの役割演技の評価について―自由な地域づくりへの契機のために―.[農業経済研究報告,40,(2009),65-74]木谷忍
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University