著書- 中谷 友樹 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:40件
[2019]
1.The Atlas of Health Inequalities in Japan.[Springer,(2019)]NAKAYA Tomoki, ITO Yuri
[2018]
2.社会調査の回収率低下とその地域差、小地域でみる国勢調査「不詳」の分布、郵送調査との比較.[埴淵知哉・村中亮夫編(2018)『地域と統計:<調査困難時代>のインターネット調査』ナカニシヤ出版,(2018)]中谷 友樹
3.地域と統計 : 「調査困難時代」のインターネット調査.[ナカニシヤ出版,(2018)]埴淵, 知哉, 村中, 亮夫, 安藤, 雅登, 小池, 司朗, 竹森, 雅泰, 中谷, 友樹, 花岡, 和聖, 山内, 昌和
ISBN9784779513404
4.人口移動の重力モデル.[日本人口学会編『人口学事典』丸善出版,(2018)]中谷友樹
5.地域変数の諸問題、社会関係と主観的健康の関連性地図、都市化・郊外化、ウォーカビリティ、開発時期と歴史的経緯、近隣の社会的断片化指標.[埴淵知哉編『社会関係資本の地域分析』ナカニシヤ出版,(2018)]中谷 友樹
[2015]
6.京都市内で認知された強姦・強制わいせつ事件の時空間的集中と近接反復被害.[京都府警察犯罪抑止対策調査研究会「性犯罪対策研究部会報告書 性犯罪の現状を踏まえて(資料編)」,(2015)]中谷友樹
7.外国人旅行者の行動空間に関する地理的可視化-京都市を対象としたTwitterおよびGPS調査資料の解析-.[立命館大学地理学教室編『観光の地理学』文理閣,(2015)]中谷友樹
8.都市環境と健康.[川上憲人・橋本英樹・近藤尚己編『社会と健康:健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ』,東京大学出版会,(2015)]井上 茂・中谷 友樹
9.空間分析におけるスケール.[浅見泰司・矢野桂司・貞広幸雄・湯田ミノリ編「地理情報科学 GISスタンダード」古今書院,(2015)]中谷友樹
10.Geographically weighted generalised linear modelling.[Brunsdon, C. and Singleton, A. eds. Geocomputation: A Practical Primer', Sage Publication,(2015)]Nakaya T
ISBN978-1-4462-7292-3
11.観光の地理学 = Geography of tourism.[文理閣,(2015)]立命館大学地理学教室, 遠藤, 英樹, 生田, 真人, 矢野, 桂司, 中谷, 友樹, 片平, 博文, 高橋, 学, 加藤, 政洋, 河原, 典史, 河島, 一仁, 井上, 学, 麻生, 将, 薬師寺, 浩之, 藤巻, 正己
ISBN9784892597626
12.社会と健康 : 健康格差解消に向けた統合科学的アプローチ.[東京大学出版会,(2015)]川上, 憲人, 橋本, 英樹, 近藤, 尚己
ISBN9784130604116
[2014]
13.地理情報システムによる東日本大震災の文化財被災地図─震災による文化財被災リスク分布の把握に向けて─.[吉越昭久編「災害の地理学」文理閣,(2014)]中谷友樹
[2013]
14.Contextual determinants of community social capital.[Kawachi et al. eds., Global Perspectives on Social Capital and Health, Springer Science+Business Media New York, DOI 10.1007/978-1-4614-7464-7_5.,(2013)]Hanibuchi, T. and Nakaya, T.
15.地域コミュニティのソーシャル・キャピタルを規定する文脈的要因.[カワチ, I.・高尾総司・スブラマニアン, S.V.編「ソーシャル・キャピタルと健康政策」日本評論社,(2013)]埴淵知哉・中谷友樹
16.Evaluations and improvements in small area estimation methodologies.[National Centre for Research Methods Methodological Review paper, ESRC, UK.,(2013)]Whitworth, A., Aitken, G., Anderson, B., Ballas, D., Dibben, C., Heppenstall, A., Kavroudakis, D., McLennan, D., Malleson, N., Moon, G., Nakaya, T., Tanton, R., Taylor, J., Tzavidis, N., Williamson, P.
[2012]
17.歴史災害としての疫病と京都.[吉越昭久・片平博文編『京都の歴史災害』 思文閣出版,(2012)]中谷友樹
[2011]
18.京都の歴史GIS バイリンガル版 (シリーズ 日本文化デジタル・ヒューマニティーズ).[ナカニシヤ出版,(2011)]文部科学省グローバルCOEプログラム「日本文化デジタルヒューマニティーズ拠点」(立命館大学)
ISBN4779505429
19.Men who visited the Kagai (Hanamachi), the historical fleshpot of the modern age in Kyoto: A historical spatio-temporal analysis of the digitized records of customers in the Taisho era.[Keiji Yano, Tomoki Nakaya, Tatsunori Kawasumi and Satoshi Tanaka, ‘Historical GIS of Kyoto’, Nakanishiya syuppan,(2011)]Tsukamoto, A. and Nakaya, T.
20.『京都の歴史GIS』.[ナカニシヤ出版,(2011)]矢野桂司・中谷友樹・河角龍典・田中覚
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University