論文- 明日香 壽川 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:172件
[2017]
1.30年後のエネルギー、技術、経済を考える.[環境と文明,25(9),(2017),6-7]明日香壽川
2.どうなる地球温暖化対策.[婦人の友,(2017)]明日香 壽川
3.世界に逆行する日本-どうなる地球温暖化対策.[婦人之友,(2017年6月号),(2017),120-123]明日香壽川
4.美しくない日本の温暖化対策―その序説.[環境と文明,25(6),(2017),6-7]明日香壽川
5.テロと気候変動問題と不正義.[市民環境白書2017グリーンウオッチ,(2017),95-97]明日香 壽川
6.中国の気候変動対策の相対的強度を考える.[環境経済・政策研究,(2017),63-66]明日香 壽川
7.中国の気候変動対策の相対的強度を考える.[環境経済・政策研究,10(1),(2017),63-66]明日香壽川
8.気候変動における不確実性問題:気候感度に関する最新の科学的知見を中心に.[東北アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニット​Working paper,(2017-1),(2017)]明日香壽川
9.日中韓高炭素共同体をどう作らないか.[Global Asia Review,3,(2017),9-10]明日香壽川
[2016]
10.気候変動問題とパリ協定.[自然エネルギー白書2016,(2016)]明日香壽川
11.原発と地球温暖化問題と錯総した関係.[科学,86(7),(2016),718-725]明日香壽川
12.Assessment of China's Greenhouse Gas Emission Reduction Target for 2030: Possibility of Earlier Peaking.[The Journal of Contemporary China Studies,5(1),(2016),57-68]Jusen ASUKA
13.日本が温暖化問題において世界の潮流に取り残されている12の理由.[環境と文明,24(26),(2016),6-7]明日香壽川
14.COP21後の各国も苦行の上方修正に必要な研究―国際競争力喪失問題の再検証,IDNCsの相対評価,カーボン・クラブの制度設計―.[環境経済・政策研究,9(1),(2016),79-81]明日香壽川
15.パリCOP21合意後の世界:投資撤退、情報開示、訴訟リスクを中心に.[Energy Democracy,(2016)]明日香壽川
16.COP21: 終わりと始まり.[世界,(2月),(2016)]明日香壽川
[2015]
17.原発なしの温暖化対策こそ平和と民主主義と経済発展を取り戻す.[世界,(12月号),(2015)]明日香壽川
18.日本政府約束草案の公平性・野心度に対する複数の評価に関して.[東北大学 東アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニット Working paper 2015-3,(2015)]明日香壽川
19.気候感度および気温上昇停滞(ハイエタス)に関する最新の科学的知見.[東北大学 東アジアにおける大気環境管理スキームの構築研究ユニット Working paper 2015-2,(2015)]明日香壽川
20.Comparative assessment of Japan‘s long-term carbon budget under different effort-sharing principles.[Climate Policy,(2015),1-19]Kuramochi Takeshi, Asuka Jusen, Fekete Hanna, Tamura Kentaro, Höhne Niklas
10.1080/14693062.2015.1064344
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University