総説・解説記事- 久田 真 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:41件
[2009]
1.コンクリートのひび割れ調査,補修・補強指針の改定について.[コンクリート工学,47(7), (2009), 11-18]大即 信明,上東 泰,久田 真
2.モルタルの電気抵抗率と塩化物イオンの拡散係数の関係.[(44), (2009), 1-11]久田 真,皆川 浩,榎原彩野
3.骨材問題に関するいくつかの考察.[月刊コンクリートテクノ,28(1), (2009), 16-20]久田 真
[2008]
4.コンクリート構造物の歴史的価値を保存することの意味.[CE建設業界,57(4), (2008), 4-7]久田 真
5.マネジメント技術としての補修と補強.[セメント・コンクリート,(741), (2008), 6-13]久田 真
6.大河津分水路.[コンクリート工学,46(9), (2008), 156-159]久田 真
7.東北地方の骨材事情.[コンクリート工学,46(5), (2008), 47-49]久田 真,皆川 浩
[2007]
8.最新のコンクリート材料/技術と今後の展望.[土木学会新材料講習会テキスト, (2007)]長瀧重義
9.骨材問題に関する一考察.[第34回セメント・コンクリート研究討論会論文報告集, (2007), 9-14]久田 真,皆川 浩
10.コンクリート腐食対策の現在、そしてこれから.[月刊下水道,30(7), (2007), 18-21]久田 真,皆川 浩
[2006]
11.土木遺産を守るための技術的課題.[土木施工, (2006)]久田 真
12.表面保護工法の維持管理計画.[セメント・コンクリート,(713), (2006), 45-49]久田 真,濵田 秀則
[2005]
13.「中堅」と呼ばれる世代にさしかかった私は,今でもまだこんなことを考えている.[コンクリート工学,43(1), (2005), 35-39]久田 真
[2004]
14.非破壊検査によるかぶり測定に関する研究の現状.[非破壊検査, (2004)]野田一弘
15.コンクリートの電気的特性.[非破壊検査, (2004)]久田 真
16.3-3-2高耐久性コンクリート.[土木学会誌, (2004)]久田 真
17.コンクリート用非破壊検査の原理と応用(第2回)-鉄筋のかぶり検査その2レーダ法-.[土木技術資料, (2004)]久田 真
18.社会基盤メインテナンス工学とマネジメントシステム.[セメントコンクリート, (2004)]久田 真
19.脱塩工法におけるコンクリート中の電位分布と塩分除去効果.[土木技術資料, (2004)]久田 真
20.化学的侵食物質によるコンクリートの劣化メカニズムとその補修方法.[防水ジャーナル, (2004)]坂井悦郎
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University