総説・解説記事- 水野 健作 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:35件
[2014]
1.哺乳類 NDR キナーゼの細胞機能-もうひとつの Hippo 下流キナーゼ.[医学のあゆみ,251(5), (2014), 365-370]永井友朗、水野健作
2.Multifaceted roles of Furry proteins in invertebrates and vertebrates..[J Biol Chem.,155(3), (2014), 137-146]Tomoaki Nagai, Kensaku Mizuno.
10.1093/jb/mvu001
[2013]
3.一次繊毛形成と細胞周期のクロストーク.[羊土社 実験医学増刊「細胞周期による高次生命現象の制御と疾患」,31(2), (2013), 252-256]千葉秀平,天貝佑太,水野健作
4.Signaling mechanisms and functional roles of cofilin phosphorylation and dephosphorylation..[ELSEVIER Cell. Signal,25(2), (2013), 457-469]Mizuno, K.
[2012]
5.Wntの細胞内平面極性シグナルによるRhoファミリーの活性化とアクチン細胞骨格制御機構.[医学書院 生体の科学,63(3), (2012), 177-182]大橋一正,辻拓史,水野健作
[2011]
6.Live-cell imaging of G-actin dynamics using sequential FDAP..[Landes Bioscience Bioarchitecture,1(5), (2011), 240-244]Kiuchi, T., Nagai, T., Ohashi, K., Watanabe, N., and Mizuno, K.
10.4161/bioa.18471
[2008]
7.細胞骨格、細胞運動、細胞接着を制御するシグナル伝達機構.[医学書院 生体の科学,59(5), (2008), 420-421]栗田宗一、水野健作
8.Dronpaを用いたアクチン動態のライブイメージング.[羊土社 実験医学増刊「生命現象の動的理解を目指すライブイメージング」,26(17), (2008), 2748-2754]木内泰、水野健作
9.LIMキナーゼ.[メディカルトリビューン Medical Tribune,41(18), (2008), 43]水野健作
[2007]
10.コフィリンを中心としたタンパク質間相互作用.[医学書院 生体の科学,58(5), (2007), 444-445]栗田宗一、水野健作
[2006]
11.LIMキナーゼによるコフィリンリン酸化とアクチン細胞骨格の時空間的制御.[羊土社 実験医学,24(9), (2006), 1289-1294]水野健作
12.神経突起伸長の分子メカニズム.[東北医学会 東北医学雑誌,118(1), (2006), 16-19]水野健作,遠藤光晴
13.コフィリンのリン酸化と細胞運動.[共立出版 蛋白質核酸酵素増刊「細胞骨格と接着」,51(6), (2006), 516-521]西田満、水野健作
[1999]
14.Gas6: カルボキシグルタミン酸をもつ細胞増殖因子.[学会出版センター 化学と生物,37(10), (1999), 637-639]大橋−永田恭子、水野健作
15.LIMキナーゼとコフィリンリン酸化.[羊土社 実験医学増刊「シグナル伝達総集編」,17(14), (1999), 1774-1780]大橋一正、水野健作
16.LIMキナーゼによるコフィリンのリン酸化とアクチン細胞骨格の制御.[日本生化学会 生化学,71(5), (1999), 345-350]水野健作
[1998]
17.Gas6とそのレセプター.[日本血栓止血学会 日本血栓止血学会誌,9(6), (1998), 462-466]大橋一正、水野健作
[1997]
18.LIMドメイン、蛋白質間の相互作用に関わるダブルジンクフィンガー.[共立出版 蛋白質核酸酵素,42(13), (1997), 2061-2071]水野健作、樋口 理
[1996]
19.c-Met受容体ファミリーと発生・分化制御.[最新医学社 最新医学,51(11), (1996), 2211-2218]十島二朗、水野健作
20.受容体型チロシンキナーゼSky/Tyro3のリガンドはプロテインSか?.[秀潤社 細胞工学,15(2), (1996), 222-228]水野健作、大橋一正
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University