総説・解説記事- 若尾 昌平 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:29件
[2018]
1.肝再生におけるMuse細胞移植の可能性.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 1249]伊関 雅裕, 水間 正道, 深瀬 正彦, 小野 智之, 志村 充宏, 鈴木 ゆき恵, 伊勢 一郎, 石田 晶玄, 工藤 克昌, 林 洋毅, 元井 冬彦, 若尾 昌平, 串田 良祐, 亀井 尚, 石田 孝宣, 内藤 剛, 出澤 真理, 海野 倫明
2.臨床研究推進センター再生医療ユニットの再生・細胞医療シーズの活性化に向けた細胞提供の取り組み.[日本再生医療学会総会(Web),17th, (2018), ROMBUNNO.P‐01‐120 (WEB ONLY)-]伊藤貴子, 伊藤貴子, 沖田ひとみ, 吉田まなみ, 新妻邦泰, 若尾昌平, 出澤真理, 冨永悌二, 張替秀郎, 後藤昌史, 下川宏明
[2017]
3.臨床応用を目指した消化器外科領域の基礎研究・橋渡し研究 マウス肝障害モデルを用いたMuse細胞移植療法の検討.[日本消化器外科学会総会,72回, (2017), WS14-11]伊関 雅裕, 若尾 昌平, 串田 良祐, 水間 正道, 深瀬 正彦, 林 洋毅, 元井 冬彦, 出澤 真理, 海野 倫明
4.Beneficial Pleiotropic Effects of Multilineage-Differentiating Stress Enduring Cells on Acute Lung Ischemia-Reperfusion Injury.[JOURNAL OF HEART AND LUNG TRANSPLANTATION,36(4), (2017), S380]H. Yabuki, S. Wakao, Y. Kushida, M. Dezawa, Y. Okada
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000398839801286&DestApp=WOS
5.腸管出血性大腸菌感染マウスモデルおける再生医療(Muse細胞)を用いた急性脳症の治療効果(Effects of Muse cells on acute encephalopathy caused by Shiga toxin-producing E. coil infection in mice).[日本細菌学雑誌,72(1), (2017), 158]尾鶴 亮, 若尾 昌平, 松葉 隆司, 磯部 順子, 木全 恵子, 綿引 正則, 出澤 真理, 藤井 潤
6.悪性グリオーマの遺伝子細胞療法におけるMuse細胞の腫瘍指向性の検討.[再生医療,16, (2017), 308-]山崎友裕, 若尾昌平, 釼持博昭, 出澤真理, 難波宏樹
[2016]
7.Sphingosine-1-phosphate mobilizes Muse cells, pluripotent stem cells, to replenish cardiomyocytes, reduce the infarct size, and recover the cardiac function after acute myocardial infarction.[EUROPEAN HEART JOURNAL,37, (2016), 1167]S. Minatoguchi, Y. Yamada, S. Wakao, Y. Kushida, M. Iwasa, H. Kanamori, M. Kawasaki, K. Nishigaki, M. Dezawa, S. Minatoguchi
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000383869505588&DestApp=WOS
8.HSVtk遺伝子導入Muse細胞を用いたグリオーマの自殺遺伝子幹細胞治療.[再生医療,15, (2016), 261-]山崎友裕, 若尾昌平, 出澤真理, 難波宏樹
9.Muse細胞を運び屋とした悪性グリオーマの自殺遺伝子治療.[日本解剖学会総会・全国学術集会講演プログラム・抄録集,121st, (2016), 126-]若尾昌平, 山崎友裕, 難波宏樹, 出澤真理
10.Muse細胞と再生医療への実現性.[THE LUNG perspectives,24(2), (2016), 192-199]出沢 真理, 串田 良祐, 若尾 昌平
11.HSVtk遺伝子導入Muse細胞の腫瘍指向性を用いた新規悪性グリオーマ治療戦略.[日本分子脳神経外科学会プログラム・抄録集,17th, (2016), 78-]山崎友裕, 若尾昌平, 釼持博昭, 鮫島哲朗, 出澤真理, 難波宏樹
[2015]
12.骨髄細胞中のMuse細胞は塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)添加によって増加し軟骨分化能を維持する.[日本整形外科学会雑誌,89(8), (2015), S1723]目良 恒, 若尾 昌平, 玉村 禎宏, 出澤 真理, 脇谷 滋之
13.慢性腎臓病モデルに対するMuse細胞を用いた細胞治療の検討.[日本腎臓学会誌,57(3), (2015), 601]内田 奈生, 若尾 昌平, 串田 良祐, 熊谷 直憲, 出澤 真理, 呉 繁夫, 根東 義明
14.体性幹細胞とMuse細胞の位置づけ.[膵島の再生医療, (2015), 73-78]若尾 昌平, 出沢 真理
[2014]
15.Induction of melanocytes from multilineage-differentiating stress-enduring (Muse) cells derived from human adipose tissue.[JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY,134, (2014), S122]T. Yamauchi, K. Tsuchiyama, F. Ogura, S. Wakao, S. Koike, K. Yamasaki, M. Dezawa, S. Aiba
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000334560400698&DestApp=WOS
16.Muse細胞研究の展望と課題.[最新医学,69(3), (2014), 547-561]若尾 昌平, 串田 良祐, 出沢 真理
17.グリオーマのHSVtk遺伝子治療におけるMuse細胞の有用性.[日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,32nd, (2014), 101-]難波宏樹, 山崎友裕, 川路博史, 天野慎士, 若尾昌平, 出澤真理
[2013]
18.Muse細胞をベクターとするグリオーマのHSVtk遺伝子細胞治療.[日本脳腫瘍学会プログラム・抄録集,31st, (2013), 123-]難波宏樹, 山添知宏, 山崎友裕, 小泉慎一郎, 若尾昌平, 土山健一郎, 出澤真理
[2012]
19.成人ヒト間葉系細胞に内在する多分化能細胞の探索.[再生医療,11, (2012), 180-]黒田康勝, 北田容章, 若尾昌平, 西川幸希, 谷村幸宏, 合田真, 明石英雄, 繁本妙子, 藤吉好則, 出澤真理
20.パーキンソン病モデル霊長類動物における骨髄間質幹細胞由来A9ドーパミン神経細胞自家移植.[JSMI Report,5(2), (2012), 45-]林拓也, 若尾昌平, 光永佳奈枝, 北田正章, 合瀬恭幸, 渡部浩司, 松瀬大, 繁本妙子, 尾上浩隆, 田畑泰彦, 出澤真理
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University