著書論文等- 神谷 哲司 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:70件
[2019]
1.[] 子どもとかかわる人のための心理学.[(2019)]沼山博・三浦主博(編著)
2.[] 子ども家庭支援の心理学.[建帛社,(2019)]本郷一夫・神谷哲司(共編)
[2018]
3.[] 夫婦ペアレンティングの追跡研究 ―夫婦ペアデータによるAPIM分析から―.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,67(1),(2018),145-153]加藤道代・神谷哲司
4.[] 成人期男女におけるファイナンス知識・行動・満足度の横断的検討.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,65(2),(2018),173-187]神谷哲司
5.[] 実践研究の理論と方法.[金子書房,(2018)]本郷一夫(編)
[2017]
6.[] 幼児期から青年期における子どもの外在化問題行動と夫婦ペアレンティングの関連.[小児保健研究,76(6),(2017),637-643]加藤道代・神谷哲司
7.[] ファイナンシャル・リテラシー尺度開発の現状と課題.[心理学研究,87(6),(2017),651-668]神谷哲司
10.4992/jjpsy.87.15401
[2016]
8.[] ファイナンシャル・リテラシーに関連する概念とその尺度について.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,65(1),(2016),119-134]神谷哲司
9.[] 夫婦によるコペアレンティングとは何か.[家族心理学年報,34, (2016), 136-144]加藤道代・神谷哲司
10.[] 夫婦ペアデータによる親としての発達意識の検討.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,64(2),(2016),55-67]加藤道代・神谷哲司
11.[] 夫と妻の生涯発達心理学.[福村出版,(2016)]宇都宮博・神谷哲司(共編)
12.[] 要支援家庭のための関連機関・団体の連携状況-全国自治体調査結果から-.[心理科学,37(1),(2016),40-56]野澤義隆・大内善広・戸田有一・山本理絵・神谷哲司・中村強士・望月彰
13.[] 保育場面における「気になる」子どもの社会性発達 ―「社会性発達チェックリスト」から捉える「気になる」子どもの特徴.[臨床発達心理実践研究,11,(2016),85-91]本郷一夫・飯島典子・高橋千枝・小泉嘉子・平川久美子・神谷哲司
[2015]
14.[] 乳幼児期から青年期後期の子育て期における親としての発達意識:第一子の発達段階による比較.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,64(1),(2015),59-73]加藤道代・神谷哲司・黒澤泰
15.[] 保育場面における幼児の社会性発達チェックリストの開発.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,64(1),(2015),45-58]本郷一夫・飯島典子・高橋千枝・小泉嘉子・平川久美子・神谷哲司
16.[] 日本の親子.[金子書房,(2015)]柏木惠子・平木典子(編)
17.[] 東日本大震災後の心の支援に被災地域の心理専門職がどのように携わってきたか -日本臨床発達心理士会東北支部会員を対象とした調査より.[臨床発達心理実践研究,10(1),(2015),31-40]平野幹雄・神谷哲司・橋本信也・佐竹真次
18.[] 次世代育成支援対策前期行動計画における特定14事業の目標達成状況 -2009年と2013年の全国自治体調査から-.[東北大学大学院教育学研究科研究年報,63(2),(2015),373-388]神谷哲司・望月彰・大内善広・野澤義隆・山本理絵・戸田有一
19.[] 東北大学生の留学及びカリキュラムの国際化に関する意識.[東北大学大学院教育学研究科教育ネットワークセンター年報,15,(2015),1-13]神谷哲司・工藤与志文・田中光晴・安保英勇・深谷優子・若島孔文・本郷一夫
20.[] Relationship-focused coping patterns of Japanese child-rearing couples..[Journal of Relationships Research,6,(2015)]Kurosawa, T., Kato, M., & Kamiya, T
10.1017/jrr.2015.3.
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University