総説・解説記事- 上原 聡 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:7件
[2016]
1.共修による日本語・日本文化学習の効果—平成26年度「国際共修ゼミ」開講状況をふまえて—.[東北大学言語・文化教育センター年報,(1), (2016), 1-10]佐藤勢紀子・上原聡・副島健作・虫明美喜・押谷裕子
[2014]
2.東北大学を「母校」にするプロジェクト ―国際共修ゼミ「多文化クラス」を発展させた大学紹介ビデオ制作―.[高等教育開発推進センター紀要,(9), (2014), 115-124]押谷祐子・虫明美喜・上原 聡・中村 渉・副島健作・佐藤勢紀子
[2011]
3.共通教育課程における「国際共修ゼミ」の開設―留学生クラスとの合同による多文化理解教育の試み―.[高等教育開発推進センター紀要,(6), (2011), 143-156]佐藤勢紀子・末松和子・曽根原理・桐原健真・上原聡・福島悦子・虫明美喜・押谷祐子
[2009]
4.日本語学習者を対象とした専門用語e-learningシステムの構築.[高等教育開発推進センター紀要,(4), (2009), 245-251]佐藤勢紀子・上原聡・福島悦子・中村渉・関根勉・押谷祐子・二階堂秀夫・白石茂典・田中秀樹・行方義忠
[2008]
5.日本語教育におけるWeb登録システムの構築 ープログラム運営方法の改善をめざしてー.[高等教育開発推進センター紀要,(3), (2008), 325-334]佐藤勢紀子,上原聡,福島悦子,中村渉, 二階堂秀夫, 安西従道, 白石茂典, 田中秀樹
[2007]
6.日本語教育におけるWeb教材利用の現状と課題 ーカリキュラムおよび運営方法の改善に向けてー.[高等教育開発推進センター紀要,(2), (2007), 297-310]佐藤勢紀子,上原聡,加藤弘,福島悦子,中村渉
[2006]
7.日本語教育に関するアンケート調査ー留学生の日本語力を中心にー.[東北大学国際交流センター紀要,(1), (2006), 19-27]佐藤勢紀子・上原聡・崔絢喆・虫明美喜
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University