著書論文等- 上原 聡 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:123件
[2008]
41.[] 日韓語の補助動詞「テシマウ」と「a pelita」と「ko malta」について:文法化の観点からの対照分析.[日本認知言語学会論文集第8巻,8,(2008),461-471]鄭世桓・上原聡
42.[] 友人間で行われる依頼の言語行動に関する日中対照研究-親疎関係に着目して-.[社会言語科学会第21回大会発表論文集,(2008),202-205]李宜真、上原聡
43.[] 電子メールにおける依頼談話の日中対照-終結部を中心に-.[社会言語科学会第21回大会発表論文集,(2008),292-295]大友沙樹、上原聡
44.[] 日本語教育におけるWeb登録システムの構築 ープログラム運営方法の改善をめざしてー.[高等教育開発推進センター紀要,(3), (2008), 325-334]佐藤勢紀子,上原聡,福島悦子,中村渉, 二階堂秀夫, 安西従道, 白石茂典, 田中秀樹
45.[] 『私じゃないじゃない』=『私だ』?:談話分析による『じゃない』の機能.[第4回応用日本語学術研究会論文集「中日人文科学の研究とその応用」,(2008),15-30]上原聡
[2007]
46.[] Gender, bilingualism and vowel inventory in Taiwan Mandarin.[国際文化研究論集,(15),(2007),19-36]Robert Sanders , Satoshi Uehara
47.[] 音韻・形態のメカニズム-認知音韻・形態論のアプローチ(講座認知言語学のフロンティア第1巻).[研究社,(2007)]上原聡,熊代文子
48.[] Semantic extension of the verb of breaking in Thai and Japanese.[Manusya. Journal of Humanities. Special Issue,(13),(2007),95-114]Kingkan Thapkanjana, Satoshi Uehara
49.[] 日本語教育におけるWeb教材利用の現状と課題 ーカリキュラムおよび運営方法の改善に向けてー.[高等教育開発推進センター紀要,(2), (2007), 297-310]佐藤勢紀子,上原聡,加藤弘,福島悦子,中村渉
[2006]
50.[] 自然談話における『ません』と『ないです』の待遇法.[日語教育與日本文化研究國際學術會議論文集,(2006),19-32]上原聡
51.[] Toward a typology of linguistic subjectivity: A cognitive and cross-linguistic approaches to grammaticalized deixis.[Subjectification: Various Paths to Subjectivity. (Cognitive Linguistic Research 31) (Mouton de Gruyter),(2006),75-117]Satoshi Uehara
52.[] Internal state predicates in Japanese: A cognitive approach.[Cognitive linguistics investigations across languages,fields,and philosophical boundaries(Human Cognitive Processing 15)(John Benjamins),(2006),271-291]Satoshi Uehara
53.[] 台湾ミン南語に残る日本語.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),192-195]黄迎春、新居田純野、上原聡
54.[] 会話におけるあいづちのタイミング考察.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),977-980]廖佳怡、上原聡
55.[] 日本語・ベトナム語の依頼表現の一考察.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),897-900]NGUYEN THI LAN ANH、上原聡
56.[] 日本語、朝鮮語、中国語の二人称代名詞における対照研究.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),893-896]宋善花、上原聡
57.[] 程度進行を表す後項動詞「~こむ」に関する一考察.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),889-892]諸貞煕、上原聡
58.[] 日韓両言語における動詞の意味分析ーアスペクト的観点からー.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),881-884]鄭世桓、上原聡
59.[] 日本語の数量詞使用に関する一考察ー構文的分析を中心にー.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),612-615]洪雅琪、上原聡
60.[] 品詞と意味概念から見た日中二字複合漢語の語構成の違いについて.[言語処理学会第12回年次大会発表論文集,(2006),192-195]蔡嘉綾、上原聡
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University