著書論文等- 上原 聡 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:123件
[2011]
21.[] Langacker (1985)のsubjectivityの理論から通言語的な主観性の理論へ.[日本英文学会第83回大会Proceedings,(2011),240-242]上原 聡
22.[] 主観性に関する言語の対照と類型.[ひつじ意味論講座5主観性と主体性,(2011),69-91]上原聡
23.[] The socio-cultural motivation of referent honorifics in Korean and Japanese.[Motivation in Grammar and the Lexicon (John Benjamins),(2011),191-211]Satoshi Uehara
24.[] あいづちの「そうですか」「そうなんですか」の機能的特徴ー初対面同士の会話データを用いてー.[日本研究,30,(2011),153-172]呂萍・上原聡
25.[] 共通教育課程における「国際共修ゼミ」の開設―留学生クラスとの合同による多文化理解教育の試み―.[高等教育開発推進センター紀要,(6), (2011), 143-156]佐藤勢紀子・末松和子・曽根原理・桐原健真・上原聡・福島悦子・虫明美喜・押谷祐子
[2010]
26.[] Syntactic and semantic discrepancies among the verbs for 'kill' in English, Chinese and Thai.[PACLIC 24 - Proceedings of the 24th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computation,24,(2010),291-300]Kingkarn Thepkanjana and Satoshi Uehara
27.[] 名詞化と名詞性―その意味と形―.[日本語学,29(11),(2010),24-38]上原 聡
28.[] ナル可能文の成立要件と中国語訳出― 日本語教育の観点から ―.[2010年世界日本語教育大会 論文集,(2010)]関秀一・上原聡
29.[] 日本語「てもらう」表現が表す話者の捉え方の一考察.[2010年世界日本語教育大会 論文集,(2010)]佟利功・上原聡
30.[] あいづちの 「そうですか」 類の機能的特徴-初対面同士の会話データを用いて-.[2010年世界日本語教育大会 論文集,(2010)]呂萍・上原聡
31.[] 韓日語の引用を表す連体形式の対照研究:nun/la-nunと「という」を中心に.[日本言語文化,(16),(2010),85-105]金普仁・上原聡
[2009]
32.[] 中国語会話における相づち表現の考察-「对」 「是」 「行」 「好」.[日本中国語学会第59回全国大会予稿集,(2009),67-71]呂萍 上原聡
33.[] Resultative constructions with “implied-result” and “entailed-result” verbs in Thai and English: A contrastive study.[Linguistics,47(3),(2009),589-618]Kingkarn Thepkanjana & Satoshi Uehara
34.[] 日本語学習者を対象とした専門用語e-learningシステムの構築.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,(4),(2009),245-251]佐藤勢紀子・上原聡・福島悦子・中村渉・関根勉・押谷祐子・二階堂秀夫・白石茂典・田中秀樹・行方義忠
35.[] タイ語における結果構文.[結果構文のタイポロジー ひつじ書房,(2009),365-406]上原聡・Kingkarn Thepkanjana
36.[] 日本語学習者を対象とした専門用語e-learningシステムの構築.[高等教育開発推進センター紀要,(4), (2009), 245-251]佐藤勢紀子・上原聡・福島悦子・中村渉・関根勉・押谷祐子・二階堂秀夫・白石茂典・田中秀樹・行方義忠
37.[] アジアにおける日本語教育:「外国語としての日本語」修士課程設立一周年セミナー論文集.[(2009)]上原 聡(編)
ISBN978-974-614-068-3
[2008]
38.[] Masen or Naidesu- That is the question: A case study into Japanese conversational discourse.[Style Shifting in Japanese,(2008),161-184]Satoshi Uehara and Etsuko Fukushima
39.[] The verb of giving in Thai and Mandarin Chinese as a case of polysemy: A comparative study.[Language Sciences,(30),(2008),621-651]Kingkarn Thepkanjana and Satoshi Uehara
40.[] Directional verbs as success markers in Thai: Another grammaticalization pathDirectional verbs as success markers in Thai: Another grammaticalization path.[The Tai-Kadai Languages,(2008),484-506]Kingkarn Thepkanjana and Satoshi Uehara
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University