総説・解説記事- 大西 康 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:76件
[2019]
1.輸血依存の再生不良性貧血に対してeltrombopagが奏効しferritin値の改善とともに血球回復が得られた1例.[臨床血液,60(11), (2019), 1595-1596]田中 悠也, 李 尹河, 齋藤 慧, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, 横山 寿行, 張替 秀郎
2.知っておくべき貧血の治療の進歩 巨赤芽球性貧血(ビタミンB12欠乏・葉酸欠乏)の治療.[Medical Practice,36(8), (2019), 1267-1271]大西 康
3.【一般臨床医のための貧血診療 これだけ】ビタミンB12欠乏性貧血の診断と治療.[診断と治療,107(5), (2019), 579-585]大西 康
4.免疫抑制療法中に濾胞性リンパ腫と古典的ホジキンリンパ腫を合併した2例.[日本リンパ網内系学会会誌,59, (2019), 134]渡邊 正太郎, 福原 規子, 古川 瑛次郎, 佐野 沙矢香, 齋藤 慧, 市川 聡, 大西 康, 中村 直哉, 一迫 玲, 張替 秀郎
5.クローン病に合併したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫再発に対して臍帯血移植を施行した一例.[日本リンパ網内系学会会誌,59, (2019), 147]古川 瑛次郎, 福原 規子, 中川 諒, 川尻 昭寿, 齋藤 慧, 小野寺 晃一, 市川 聡, 大西 康, 張替 秀郎
6.巨大な膵形質細胞腫を伴った再発難治性多発性骨髄腫の1例.[臨床血液,60(4), (2019), 331]古川 瑛次郎, 市川 聡, 福原 規子, 齋藤 慧, 佐野 沙矢香, 中川 諒, 川尻 昭寿, 小野寺 晃一, 大西 康, 張替 秀郎
7.Daratumumab併用療法後にCD38陰性化を伴って病勢増悪を来した再発難治性多発性骨髄腫の1例.[臨床血液,60(4), (2019), 337]齋藤 慧, 古川 瑛次郎, 佐野 沙矢香, 中川 諒, 川尻 昭寿, 小野寺 晃一, 市川 聡, 大西 康, 福原 規子, 張替 秀郎
8.家族支援が奏効した血液腫瘍患者の2例.[心身医学,59(1), (2019), 79]長谷川 涼子, 今野 朱美, 大西 康, 福原 規子, 福土 審, 張替 秀郎
[2018]
9.X連鎖性鉄芽球性貧血の細胞モデルの解析(Characterization of in vitro model of X-linked sideroblastic anemia).[臨床血液,59(9), (2018), 1498]齋藤 慧, 藤原 亨, 八田 俊介, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, 中村 幸夫, 張替 秀郎
10.ダラツムマブ投与中にサイトメガロウイルス抗原血症陽性化を示した多発性骨髄腫の2例(Two cases of multiple myeloma with cytomegalovirus antigenemia during daratumumab therapy).[臨床血液,59(9), (2018), 1805]小林 匡洋, 佐野 沙矢香, 大地 哲朗, 那須 健太郎, 市川 聡, 福原 規子, 大西 康, 亀岡 淳一, 張替 秀郎
11.びまん性大細胞型B細胞リンパ腫におけるsIL-2R値の層別化予後因子としての意義(Serum sIL-2R level is a prognostic stratification marker of diffuse large B-cell lymphoma).[臨床血液,59(9), (2018), 1785]市川 聡, 福原 規子, 小林 匡洋, 沖津 庸子, 大西 康, 一迫 玲, 石澤 賢一, 張替 秀郎
12.転写因子GATA-2の制御因子同定のためのスクリーニング法の確立(Establishment of a screening system to identify novel GATA-2 transcriptional regulators).[臨床血液,59(9), (2018), 1696]大橋 圭一, 藤原 亨, 小野寺 晃一, 齋藤 陽, 市川 聡, 小林 匡洋, 沖津 庸子, 福原 規子, 大西 康, 張替 秀郎
13.成熟T細胞性リンパ腫に対する臍帯血移植 10例の報告(Umbilical cord blood transplantation for mature T-cell lymphoma: report of 10 cases).[臨床血液,59(9), (2018), 1680]佐野 沙矢香, 大西 康, 古川 瑛次郎, 中川 諒, 齋藤 慧, 川尻 昭寿, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 張替 秀郎
14.T-LGL白血病に対するシクロスポリンA治療 単施設の経験(Cyclosporine A treatment for T-cell large granular lymphocytic leukemia: a single-center experience).[臨床血液,59(9), (2018), 1569]大西 康, 藤原 実名美, 佐野 沙矢香, 中川 諒, 川尻 昭寿, 齋藤 慧, 小野寺 晃一, 市川 聡, 福原 規子, 藤原 亨, 張替 秀郎
15.CD56陽性皮膚T細胞リンパ腫6例の後方視的解析(A clinicopathological analysis of CD56-positive cutaneous T cell lymphoma).[臨床血液,59(9), (2018), 1549]大地 哲朗, 福原 規子, 佐野 沙矢香, 那須 健太郎, 小林 匡洋, 市川 聡, 沖津 庸子, 大西 康, 藤原 実名美, 藤村 卓, 一迫 玲, 張替 秀郎
16.short tandem repeat(STR)-PCR法を用いた造血幹細胞移植後のキメリズム解析の評価.[日本検査血液学会雑誌,19(学術集会), (2018), S163]関 修, 成田 香魚子, 大西 康, 福原 規子, 藤原 亨, 藤原 実名美, 張替 秀郎
17.Dasatinibによる治療を行ったphiladelphia染色体陽性骨髄異形成症候群.[臨床血液,59(4), (2018), 448]大地 哲朗, 大西 康, 佐野 沙矢香, 大橋 圭一, 那須 健太郎, 市川 聡, 小林 匡洋, 沖津 庸子, 福原 規子, 張替 秀郎
[2017]
18.移植後リンパ増殖性疾患の再発に対して大量化学療法、自家末梢血幹細胞移植を施行し完全寛解を達成した1例.[臨床血液,58(12), (2017), 2473]櫻井 一貴, 福原 規子, 市川 聡, 氷室 真仁, 沖津 庸子, 渡邊 正太郎, 大地 哲朗, 那須 健太郎, 八田 俊介, 小林 匡洋, 大西 康, 張替 秀郎
19.EXPLORING THE MECHANISM OF FOG1-DEPENDENT TRANSCRIPTIONAL REGULATION IN ERYTHROID CELLS.[HAEMATOLOGICA,102, (2017), 454]T. Fujiwara, K. Sasaki, K. Saito, S. Hatta, S. Ichikawa, M. Kobayashi, Y. Okitsu, N. Fukuhara, Y. Onishi, H. Harigae
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000404127003241&DestApp=WOS
20.ESTABLISHMENT OF IN VIVO AND IN VITRO MODEL OF X-LINKED SIDEROBLASTIC ANEMIA.[HAEMATOLOGICA,102, (2017), 241]K. Saito, T. Fujiwara, M. Morita, Y. Okitsu, N. Fukuhara, Y. Onishi, Y. Nakamura, R. Shimizu, H. Harigae
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000404127002104&DestApp=WOS
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University