総説・解説記事- 木口 賢紀 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:18件
[2016]
1.強誘電体薄膜の90ドメインと整合界面の弾性相互作用.[日本金属学会 まてりあ,55(12), (2016), 585]木口賢紀, 青柳健大, 白石貴久, 今野豊彦, 舟窪浩
10.2320/materia.55.585
2.収差補正STEMの焦点深度がMg97Zn1Gd2合金の板状濃化層のZコントラストに及ぼす影響.[日本金属学会 まてりあ,55(12), (2016), 614]木口賢紀, 今野豊彦, 佐藤和久
10.2320/materia.55.614
3.α-Fe2O3添加HfO2極薄膜の組織観察.[日本金属学会 まてりあ,55(12), (2016), 599]白石貴久, 木口賢紀, 今野豊彦
10.2320/materia.55.599
4.長周期積層構造型Mg基合金における微細組織形成.[化学工業社 化学工業,67(5), (2016), 64-68]木口賢紀, 佐藤和久, 今野豊彦
[2015]
5.Mg合金におけるシンクロ型長周期積層構造の拡散-変位型変態.[日本顕微鏡学会 顕微鏡,50(2), (2015), 131-136]木口賢紀, 佐藤和久, 今野豊彦
[2014]
6.ナノ構造体・結晶シリコン融合太陽電池.[日本結晶成長学会誌,41(2), (2014), 66-73]星裕介, 太野垣健, 木口賢紀, 宇佐美徳隆
[2009]
7.収差補正TEMによるZrO2超薄膜における構造遷移層の解明.[日本金属学会 まてりあ,48(12), (2009), 599]木口賢紀,今野豊彦、脇谷尚樹、篠崎和夫
[2008]
8.最近の研究動向-原子の織りなす世界を見る(4)-.[東北大学金属材料研究所付属研究施設大阪センターニュースレター,6, (2008), 3]今野豊彦,木口賢紀,佐藤和久
[2007]
9.極微をはかる−原子の世界からセラミックスを観る.[TIC マテリアルインテグレーション,20(7-8), (2007), 77-83]木口賢紀
[2006]
10.Y2O3-Ta2O5混合ドープZrO2ゲート絶縁膜界面の高分解能観察.[日本金属学会 まてりあ,45(12), (2006), 841]木口賢紀,脇谷尚樹,篠崎和夫,水谷惟恭
11.強磁性マルチフェロイック物質の現状と展望.[TIC マテリアルインテグレーション,19, (2006), 9-18]脇谷尚樹,篠崎和夫,木口賢紀,山田智明,水谷惟恭
[2005]
12.Highlight Image: Amorphous/Crystalline Phase Boundary.[MRS Materials360 Plus, (2005)]Takanori Kiguchi, Naoki Wakiya, Kazuo Shinozaki, and Nobuyasu Mizutani
13.セラミックス薄膜のバッファ層の科学 -SiO2からバッファ層の選択までー.[工業製品技術協会 セラミックデータブック,33(87), (2005), 43-49]木口賢紀.山田智明,水谷惟恭
[2004]
14.YSZシード層によるSi(001)基板上へのCeO2薄膜のエピタキシャル成長.[日本金属学会 まてりあ,43(12), (2004), 988]木口賢紀,脇谷尚樹,篠崎和夫,水谷惟恭
15.総合分析支援センターの紹介.[東京工業大学 東京工大クロニクル,389, (2004), 8-12]水谷惟恭,木口賢紀
[2003]
16.バッファーレイヤーのセラミック薄膜への適用.[日本セラミックス協会 セラミックス,38, (2003), 485-490]篠崎和夫,木口賢紀,佐伯淳、脇谷尚樹,水谷惟恭
[2001]
17.セラミック薄膜断面のTEMによるその場観察.[工業製品技術協会 セラミックデータブック,29, (2001), 127-130]木口賢紀.水谷惟恭
[1996]
18.ZrO2と強弾性ドメインスイッチング.[日本材料科学会 材料科学,33(4), (1996), 177-179]木口賢紀,佐伯淳,篠崎和夫,水谷惟恭
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University