論文- 小野田 泰明 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:59件
[2017]
1.Complexities and Difficulties Behind the Implementation of Reconstruction Plans After the Great East Japan Earthquake and Tsunami of March 2011.[Advances in Natural and Technological Hazards Research; Springer,47,(2017),3-20]Yasuaki Onoda, Haruka Tsukuda, Sachi Suzuki
2.住宅再建支援NGOの組織と事業実態 -ハリケーン・カトリーナ災害による重大被災地区の事例から-.[日本建築学会計画系論文集,736,(2017),1521-1531]鈴木さち、小野田泰明、佃悠
3.東日本大震災の木造災害公営住宅事業における生産者協議会の類型化.[日本建築学会技術報告集,53,(2017),215-221]竹内賢吾、小野田泰明、佃悠
4.災害公営住宅入居登録者の登録までの住宅再建意向変化とその要因.[日本建築学会計画系論文集,731,(2017),1-8]佃悠、山野辺賢治、小野田泰明
[2016]
5.The Role of Multiple Stakeholders and their Collaboration in Post-disaster Housing Recovery – Different Approaches in Hurricane Katrina (2005) and Great East Japan Earthquake (2011).[Proceedings of International Symposium on Architectural Interchange in Asia,11,(2016),1840-1845]SUZUKI Sachi, ONODA Yasuaki, TSUKUDA Haruka
6.Study on the actual situation of the front- access housing for revitalizing the communities in disaster affected areas.[Proceedings of International Symposium on Architectural Interchange in Asia,11,(2016),358-363]TSUKUDA Haruka, ONODA Yasuaki
7.A study of the spatial cognition of visually impaired people in indoor living space.[Proceedings of International Symposium on Architectural Interchange in Asia,11,(2016),279-283]HIRAI Momoka, TSUKUDA Haruka, ONODA Yasuaki
8.Counterpart assistance mode effected on the assistant housing projects of Dujiangyan City after Wenchuan Earthquake.[Proceedings of International Symposium on Architectural Interchange in Asia,11,(2016),152-157]XI Jiaoru, ONODA Yasuaki, TSUKUDA Haruka
9.VARIOUS DEVELOPMENT OF COUNTERPART ASSISTANCE IN POST-DISASTER RECONSTRUCTION-VARIOUS DEVELOPMENT OF COUNTERPART ASSISTANCE IN POST-DISASTER RECONSTRUCTION.[日本建築学会計画系論文集,724,(2016),1291-1301]Jiaoru Xi, Yasuaki Onoda, Haruka Tsukuda
[2015]
10.災害復興事業における計画実装と自治体の組織体制 - 東日本大震災における宮城県の復興事業を対象として.[日本建築学会計画系論文集,80(717),(2015),2523-2532]小野田泰明, 加藤優一, 佃悠
[2014]
11.発災から3年目における建築学会の貢献-震災復興支援タスクフォースの組織化とその課題-.[日本建築学会 東日本大震災3周年記念シンポジウム,(2014),105-110]小野田泰明
[2010]
12.英国におけるPFI支援に関する研究-公共図書館のPFIにおける日英の比較を通して.[日本建築学会計画系論文集,75(657),(2010),2561-2567]小野田泰明,山田佳祐,坂口大洋,柳澤 要,石井 敏,岡本和彦,有川 智
[2009]
13.コミュニティ指向の集合住宅の住み替えによる生活変容とプライバシー意識.[日本建築学会計画系論文集,74(642),(2009),1699-1705]小野田泰明,北野 央,菅野 實,坂口大洋
14.PFI事業における発注者.[日本建築学会発注者の役割特別研究委員会報告書(特別研究42),(2009),61-86]小野田泰明(PFI WG主査),川元茂,南一誠,布野修司,吉田弘,リーブス加世子
15.要養護児童のためのグループホーム整備の実態に関する研究.[日本建築学会計画系論文集,74(637),(2009),1699-1705]石垣文,小野田泰明,松浦真樹,金成瑞穂
16.身体障害者療護施設におけるALS罹病者の療養環境に関する事例的研究.[日本建築学会計画系論文集,74(636),(2009),339-345]亀屋惠三子,菅野實,山本和恵,小野田泰明,坂口大洋
[2008]
17.「筋萎縮性側索硬化症者の住環境整備に関する研究」に対する討論.[日本建築学会計画系論文集,73(632),(2008),2281-2282]小野田泰明,亀屋惠三子,菅野實
18.総合学科高校における空間構成と生徒の行動選択.[日本建築学会計画系論文集,73(625),(2008),519-526]小野田泰明,谷口太郎,金成瑞穂,菅野實
[2007]
19.動き分布図を用いた空間特性の把握に関する研究.[日本建築学会計画系論文集,(619),(2007),55-60]小野田泰明,西田浩二,小野寺望,氏原茂将
20.群馬音楽センターの実現化要因と計画経緯の先駆性.[日本建築学会計画系論文集,(612),(2007),21-26]坂口大洋,小野田泰明,菅野實
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University