研究紹介- 遅沢 壮一 -


琉球島嶼の成立による異所的種分化

地質学的に琉球島嶼の成立時期が分かり、この孤立時期に応じて,主に島嶼固有の生物種として進化したことを、DNA解析と複合させて、証明する.
併せて、琉球の海成段丘形成年代(琉球石灰岩の年代)を明らかにして、生物系統学にフィードバックさせる。


三波川変成帯の大構造

沈み込み帯深部で生じた三波川帯が何故地表で観察されるかを明らかにする。エクストルージョンウェッジは東日本大震災でも生じ、巨大津波を引き起こしたことを考えれば、防災上も有益である。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University