著書論文等- 永井 大樹 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:694件
[2017]
101.[] 逆止弁つき自励振動ヒートパイプの動作特性に関する数値解析.[宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM),61st, (2017), ROMBUNNO.3F05-]井上菜生, 安達拓矢, 永井大樹, 岡崎俊, 小川博之
102.[] カプセル形状模型を用いた動的安定落下試験.[年次大会,2017(0), (2017), S1910101-]丹野 英幸, 小室 智幸, 山田 哲哉, 永井 伸治, 永井 大樹
10.1299/jsmemecj.2017.S1910101
[2016]
103.[] 南極周回気球による宇宙線反粒子探索実験GAPSの現状報告.[大気球シンポジウム: 平成28年度 = Balloon Symposium: 2016, (2016)]小財 正義, 浅尾 義士, 井上 剛良, 井上 拓哉, 大塚 壮平, 岡崎 峻, 小川 博之, 加藤 千尋, 河内 明子, 小池 貴久, 崎本 一博, 清水 雄輝, 高橋 克征, 高橋 俊, 大丸 拓郎, 永井 大樹, 橋本 岳, 福家 英之, 蓑島 温志, 宗像 一起, 山田 昇, 吉住 雄大, 吉田 篤正, 吉田 哲也, 渡邊 翼, 和田 拓也, Aramaki T., Boggs S., Craig W. W., Doetinch P.v., Fabris R., Gahbauer F., Hailey C.J., Madden N., Mognet S.A.I, Mori K., Ong R., Perez K., Ziock K.P., Zweerink J., Kozai Masayoshi, Asao Yoshito, Inoue Takayoshi, Inoue Takuya, Okazaki Shun, Ogawa Hiroyuki, Kato Chihiro, Kawachi Akiko, Koike T., Sakimoto Kazuhiro, Shimizu Yuki, Takahashi Katsumasa, Takahashi Shun, Daimaru Takuro, Nagai Hiroki, Hashimoto Takeshi, Fuke Hideyuki, Munakata Kazuoki, Yamada Noboru, Yoshida Atsumasa, Yoshida Tetsuya, Wada Takuya, Aramaki T., Boggs S., Craig W. W., Doetinch P.v., Fabris R., Gahbauer F., Hailey C.J., Madden N., Mognet S.A.I, Mori K., Ong R., Perez K., Ziock K.P., Zweerink J.
104.[] セカンダリウィックがLoop Heat Pipeの熱輸送性能に与える影響の簡易数学モデルによる評価.[宇宙科学技術連合講演会講演集,60, (2016), 6p-]安達 拓矢, 大丸 拓郎, 永井 大樹
105.[] 高高度飛行試験ミッションにおける火星探査飛行機の温度予測.[宇宙科学技術連合講演会講演集,60, (2016), 6p-]小田 泰之, 大丸 拓郎, 永井 大樹
106.[] 将来深宇宙探査用二相流体メカニカルポンプループのシステム検討.[宇宙科学技術連合講演会講演集,60, (2016), 6p-]坂元 健一, 大丸 拓郎, 永井 大樹, Sunada Eric, Bhandari Pradeep, Furst Benjamin, Cappucci Stefano
107.[] 逆止弁付き自励振動ヒートパイプ軌道上実証試験における始動特性に関する考察.[宇宙科学技術連合講演会講演集,60, (2016), 6p-]大丸 拓郎, 永井 大樹, 安藤 麻紀子, 田中 洸輔, 岡本 篤, 杉田 寛之
108.[] 高温衝撃風洞HIESTにおける感温塗料計測技術の適用とその評価.[可視化情報学会誌,36(Suppl.1(CD-ROM)), (2016), ROMBUNNO.A204-]長山剛大, 永井大樹, 丹野英幸, 小室智幸
109.[] 国外における超音速&極超音速柔軟構造空力減速装置の研究開発の動向について.[年会講演会講演集,47, (2016), 3p-]永井 大樹
110.[] 高温衝撃風洞HIESTへの適用を目指した感温塗料(TSP)の改良とその実証試験結果.[宇宙航空研究開発機構特別資料 JAXA-SP-,(15-020(CD-ROM)), (2016), ROMBUNNO.P07-]長山剛大, 洞桐健人, 永井大樹, 丹野英幸, 小室智幸
111.[] Comparing Aerial-Deployment-Mechanism designs for mars airplane.[Transactions of the Japan Society for Aeronautical and Space Sciences,59(6),(2016),323-331]Koji Fujita, Hiroki Nagai
10.2322/tjsass.59.323
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000386933700002&DestApp=WOS http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=84994553174&partnerID=40
112.[] 高温衝撃風洞 HIEST における感温塗料計測技術を用いた空力加熱計測技術の現状.[年次大会,2016(0), (2016), S1910206-]永井 大樹, 長山 剛大, 丹野 英幸, 小室 智幸
10.1299/jsmemecj.2016.S1910206
113.[] 逆止弁付き自励振動ヒートパイプ軌道上実証試験における始動特性に関する考察.[宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM),60th, (2016), ROMBUNNO.2K08-]大丸拓郎, 永井大樹, 安藤麻紀子, 田中洸輔, 岡本篤, 杉田寛之
114.[] 火星飛行機に最適化された主翼の空力特性に関する実験的評価.[流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム講演集(CD-ROM),48th-34th, (2016), ROMBUNNO.2A08-]山原健太朗, 永井大樹, 金崎雅博
115.[] セカンダリウィックがLoop Heat Pipeの熱輸送性能に与える影響の簡易数学モデルによる評価.[宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM),60th, (2016), ROMBUNNO.2K05-]安達拓矢, 大丸拓郎, 永井大樹
116.[] 数値解析モデルによる平板型ヒートパイプ軌道上実験の検証.[混相流シンポジウム講演論文集(CD-ROM),2016, (2016), ROMBUNNO.F121-]大丸拓郎, 永井大樹, 安藤麻紀子, 田中洸輔, 岡本篤, 杉田寛之
117.[] 圧力振動による自励振動ヒートパイプの内部流動様式の分類.[混相流シンポジウム講演論文集(CD-ROM),2016, (2016), ROMBUNNO.F111-]吉田周平, 大丸拓郎, 永井大樹
118.[] 火星飛行機の高高度飛行試験結果の速報.[飛行機シンポジウム講演集(CD-ROM),54th, (2016), ROMBUNNO.3J13-]大山聖, 永井大樹, 得竹浩, 藤田昂志, 安養寺正之, 豊田裕之, 宮澤優, 米本浩一, 岡本正人, 野々村拓, 元田敏和, 竹内伸介, 鎌田幸男, 大槻真嗣, 浅井圭介, 藤井孝藏
119.[] 複数蒸発器/凝縮器を有するループヒートパイプの熱輸送特性 熱流体物性および周囲熱環境の影響.[日本伝熱シンポジウム講演論文集(CD-ROM),53rd, (2016), ROMBUNNO.C121-]CHANG Xinyu, 長野方星, 岡崎峻, 小川博之, 永井大樹
120.[] 高高度飛行試験ミッションにおける火星探査飛行機の温度予測.[宇宙科学技術連合講演会講演集(CD-ROM),60th, (2016), ROMBUNNO.4C11-]小田泰之, 大丸拓郎, 永井大樹
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University