総説・解説記事- 佐藤 公雄 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:217件
[2014]
101.慢性心筋炎に免疫抑制療法が著効した一例.[日本心臓病学会学術集会抄録,62回, (2014), P-661]佐藤 遥 青木 竜男 杉村 宏一郎 後岡 広太郎 建部 俊介 山本 沙織 三浦 正暢 矢尾板 信裕 佐藤 公雄 下川 宏明
102.診断と治療社『酸化ストレスの医学 改訂第2版』(2014年8月) 心疾患と酸化ストレス.[(2014)]佐藤 公雄、下川 宏明.
103.肺動脈リモデリングは肺高血圧症発症前から出現する 光干渉断層法を用いた検討.[東北医学雑誌,126(1), (2014), 100-101]戴 哲皓 福本 義弘 建部 俊介 杉村 宏一郎 三浦 裕 後岡 広太郎 青木 竜男 山本 沙織 矢尾板 信裕 佐藤 公雄 下川 宏明
104.サイクロフィリンAを基盤とする心血管病の成因解明と新しい診断・予防・治療法の開発.[東北医学雑誌,126(1), (2014), 32-35]佐藤 公雄
105.透析患者の心不全対策を考える エリスロポエチンの血管内皮保護作用と心血管恒常性維持機構.[日本透析医学会雑誌,47(Suppl.1), (2014), 383]佐藤 公雄 下川 宏明
106.糖尿病腎症における腎臓内Nrf2とcyclophylin Aの発現の検討.[日本腎臓学会誌,56(3), (2014), 391]小川 晋 鈴木 貴 佐藤 公雄 佐藤 博 清元 秀泰 伊藤 貞嘉
107.【ターニングポイントを迎えた肺高血圧症の治療戦略】 治療の有効性と使用法 Rhoキナーゼ阻害薬.[Mebio,31(2), (2014), 80-88]佐藤 公雄 下川 宏明
108.動脈硬化の最新知見 サイクロフィリンAによる動脈硬化の発症機構と新規バイオマーカーとしての可能性.[血管,37(1), (2014), 21]佐藤 公雄 下川 宏明
109.左室と右室の圧負荷に対する誘導遺伝子の時空間的差異と心肥大・心不全の発症機構.[血管,37(1), (2014), 43]池田 尚平 佐藤 公雄 福本 義弘 清水 亨 宮田 敏 鈴木 康太 菊地 順裕 大村 淳一 下川 宏明
110.マウス圧負荷心不全モデルにおいて、Basiginは心臓の線維化、心不全の増悪に寄与する.[血管,37(1), (2014), 27]鈴木 康太 佐藤 公雄 池田 尚平 門松 健治 下川 宏明
111.部分肺静脈灌流異常症と門脈‐肝静脈シャントが併存した肺高血圧症の一例.[日本循環器学会東北地方会(Web),159th, (2014), TOHOKU159,62 (WEB ONLY)-]三浦正暢, 杉村宏一郎, 青木竜男, 建部俊介, 山本沙織, 矢尾板信裕, 佐藤遥, 佐藤公雄, 下川宏明
[2013]
112.医学書院 生体の科学・増大特集「細胞表面受容体」 エリスロポエチン受容体の心血管保護機構VoL.64 No.5 p.476~477, 2013..[(2013)]佐藤公雄、下川宏明
113.科学評論社『循環器内科』第74巻第6号(2013年12月) 特集/肺高血圧症―内科的治療の展開 Rhoキナーゼ阻害剤 (fasudil).[(2013)]佐藤公雄、下川宏明
114.Rho-kinase阻害薬(fasudil).[循環器内科,74(6), (2013), 607-614]佐藤 公雄 下川 宏明
115.Rho-kinase-Cyclophilin A系による血管恒常性破綻機構の解明と治療戦略の確立.[心臓,45(12), (2013), 1619]佐藤 公雄 下川 宏明
116.【活性酸素-基礎から病態解明・制御まで】 疾患病態・臨床編 酸化ストレスによる血管内皮機能異常.[医学のあゆみ,247(9), (2013), 885-889]佐藤 公雄 下川 宏明
117.【細胞表面受容体】 構造的特徴:1回膜貫通型 受容体の遺伝子:EPOR エリスロポエチン受容体の心血管保護機構.[生体の科学,64(5), (2013), 476-477]佐藤 公雄 下川 宏明
118.肺高血圧症治療のトピックス 慢性血栓塞栓性肺高血圧症における経皮的肺動脈形成術前後の肺血行動態および光干渉断層法による肺動脈病変の評価.[日本心臓病学会誌,8(Suppl.I), (2013), 178]福本 義弘 杉村 宏一郎 三浦 裕 後岡 広太郎 三浦 正暢 建部 俊介 青木 竜男 山本 沙織 佐藤 公雄 下川 宏明
119.慢性活動性Epstein-Barr感染症に合併した肺高血圧症の一例.[日本心臓病学会誌,8(Suppl.I), (2013), 412]杉村 宏一郎 後岡 広太郎 建部 俊介 山本 沙織 三浦 正暢 佐藤 公雄 下川 宏明
120.肺動脈リモデリングは肺高血圧発症前から出現する 光干渉断層法を用いた検討.[脈管学,53(Suppl.), (2013), S186-S187]矢尾板 信裕 戴 哲皓 福本 義弘 建部 俊介 杉村 宏一郎 後岡 広太郎 山本 沙織 三浦 正暢 佐藤 公雄 下川 宏明
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University