著書- 宮本 明 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:60件
[1995]
41.触媒技術の動向と展望 1995.[触媒学会,(1995)]宮本 明
42.The Impacts of Computers on Catalyst Research and Environment.[Elsevier Science Publishers,(1995)]A. Miyamoto, T. Hattori, and M. Misono
43.Special Issue in Honour of Professor Yuichi Murakami.[Utrecht,(1995)]T. Hattori, M. Niwa, and A. Miyamoto
44.先端材料事典.[産業調査会,(1995)]宮本明
[1994]
45.膜工学の新しい挑戦-1994.[化学工学会,(1994)]高羽洋充, 片桐昌彦, 久保百司, Rajappan Vetrivel, 宮本 明
46.膜工学の新しい挑戦-1994.[化学工学会,(1994)]宮本 明
[1993]
47.超臨界流体の工学的利用と溶媒特性の分子論的解明.[化学工学会,(1993)]高羽洋充, 久保百司, 宮本 明
48.Chemical Designing and Processing of High Tc Superconductors.[(1993)]Akira MIYAMOTO and Tomoyuki INUI
[1992]
49.計算機化学工学.[オーム社,(1992)]荒井康彦, 宮本 明, 亀山秀雄, 山口 兆
50.実験化学講座11 反応と速度.[丸善,(1992)]宮本 明
[1991]
51.機能性表面の解析と設計.[化学工学会,(1991)]宮本 明, 久保百司, 服部敬宙, 松葉勝彦, 河村雄行, 乾 智行
52.Computer Assisted Research for Catalyst Design.[Elsevier Science Publishers,(1991)]H. Niiyama, H. Hattori and A. Miyamoto
53.Catalytic Processes for the Environmental Protection.[Elsevier Science Publishers,(1991)]T. Inui, K. Aika and A. Miyamoto
[1989]
54.新材料開発とコンピュ-タ-ケミストリ-.[化学工業日報社,(1989)]宮本 明, 乾 智行
[1986]
55.触媒講座4 反応機構決定法・錯体触媒.[講談社サイエンティフィク,(1986)]宮本 明, 斉藤泰和
56.触媒講座10 触媒各論.[講談社サイエンティフィク,(1986)]宮本 明
57.触媒講座別巻 触媒実験ハンドブック.[講談社サイエンティフィク,(1986)]宮本 明
58.触媒講座別巻 触媒実験ハンドブック.[講談社サイエンティフィク,(1986)]松田正徳, 宮本 明
[1981]
59.触媒設計.[槙書店,(1981)]服部 忠, 丹羽 幹, 宮本 明
[1980]
60.自動車エンジンの排気浄化.[(1980)]村上雄一, 宮本 明
Page: [prev] [1] [2] [3]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University