論文- 川口 幸大 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:39件
[2019]
1.「「中華聖地」と「我々の聖地」に見る現代中国の政治、宗教、親族―炎帝黄帝陵から祖先墓まで」.[杉本良男・松尾瑞穂(編)『聖地のポリティクス―ユーラシア大陸の比較から』pp. 291-310、東京: 風響社。,(2019),291-310]川口 幸大
[2018]
2.「珠江デルタにおける人の移動の変遷―ある家族の三世代に着目して」.[瀬川昌久(編)『越境者の人類学―家族誌・個人誌からのアプローチ』, 東京: 古今書院,(2018),92-114]川口 幸大
3.「東北から多文化社会を考える」.[『東北文化研究室紀要』,59,(2018),19-34]川口 幸大
4.“宗族的话语及其实践-以广东珠江三角洲的一个宗族为例”.[韩敏·色音(编)《人类学视野下的历史、文化与博物馆-当代日本和中国的理论实践》(Senri Ethnological Studies 97), 大阪: 国立民族学博物馆,97,(2018)]川口 幸大
5.“Between Confucian Discourse and Practice”.[In Han Min, Kawai Hironao, and Wong Heung Wah(eds.), Family, Ethnicity, and State in Chinese Culture Under the Impact of Globalization, Encino: Bridge 21 Publication,(2018),157-174]川口 幸大
[2017]
6.「住み込みと継続的なフィールドワーク―広東省珠江デルタの事例から」.[西澤治彦・河合洋尚(編)『フィールドワーク―中国という現場、人類学という実践』, 東京: 風響社,(2017),345-368]川口 幸大
7.“For Whom and By Whom? Internationalization and Globalization of Japanese Anthropology of China.”.[Japanese Review of Cultural Anthropology,18(2),(2017),185-191]川口 幸大
[2016]
8.「中国村落社会における墓と祖先祭祀の変遷―ポスト改革開放期における共産党の政策と人々のいとなみを中心に」.[佐々木史郎・渡邊日日(編)『ポスト社会主義以降のスラヴ・ユーラシア世界―比較民族誌的研究』, 東京: 風響社,(2016),245-266]川口 幸大
9.「僑郷とは何か」.[川口幸大・稲澤努(編)『僑郷―華僑のふるさとをめぐる表象と実像』, 大津: 行路社,(2016),5-19]川口 幸大
10.「豊かな僑郷?―特殊性と一般性をめぐって」.[川口幸大・稲澤努(編)『僑郷―華僑のふるさとをめぐる表象と実像』, 大津: 行路社,(2016),23-44]川口 幸大
11.「宗族の形成、変遷そして現在―広東省珠江デルタの一宗族の事例から」.[瀬川昌久・川口幸大(編)『〈宗族〉と中国社会―その変貌と人類学的研究の現在』, 東京: 風響社,(2016),263-294]川口 幸大
[2015]
12.「グローカリゼーションという視点から見た祭祀空間としての家屋の変遷―広東省珠江デルタの事例から」.[韓敏(編)『中国社会における文化変容の諸相―グローカル化の視点から』, 東京: 風響社,(2015),313-333]川口 幸大
13.「空間/場所論から見た中国の祠堂―広東省珠江デルタを事例に」.[空間史学研究会(編)『空間史学叢書2 装飾の地層』, 東京: 岩田書院,(2015),127-145]川口 幸大
14.「中国の住まいと神々」.[東北大学大学院文学研究科講演・出版企画委員会(編)『異文化理解のキーワード』, 仙台: 東北大学出版会,(2015),1-36]川口 幸大
[2014]
15.「災地のフェーズ変化に対応した遠隔地からの中長期的支援―山形から石巻への支援を行う大学生の団体「START Tohoku」を事例として」.[菊池遼・関美菜子『東北文化研究室紀要』,55,(2014),37-55]川口幸大,菊池遼,関美菜子
16.「村庄的社会変化與作為祭祀空間的房屋之変遷」.[大阪大学中国文化フォーラム(編)『日中台共同研究「現代中国と東アジアの新環境③ 中国革命・社会変容と世界―赣州会議中国語論文選』, 豊中: 大阪大学中国文化フォーラム,(2014),17-30]川口 幸大
17.「中国の村落における地域のつながり、祖先とのつながり」.[東北大学大学院文学研究科出版企画委員会(編)『「地域」再考―復興の可能性を求めて』, 仙台: 東北大学出版会,(2014),73-99]川口 幸大
[2013]
18.「《特集》 災害と人類学―東日本大震災にいかに向き合うか 序」.[『文化人類学』,78(1),(2013)]川口幸大,林勲男
19.“Stratification and Ethnicity in An Averted Feud Incident: The Case of A Village in the Pearl River Delta, Guangdong Province.”.[In Toshiaki Kimura(ed.), Stratification in Cultural Contexts: Cases from East and Southeast Asia. Victoria, Australia: Trans Pacific Press.,(2013),75-94]川口幸大
20.“Les rites funéraires traditionnels face à l’ explosion urbanie dans la grande banlieue de Guangzhou.”.[In Natacha Aveline-Dubach(ed.), La Place des morts dans les megalopolis d’ Asie oriental. Paris: Les Indes savantes.,(2013),135-148]川口幸大
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University