総説・解説記事- 有本 博一 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:14件
[2015]
1.細菌感染時の ニトロ化核酸によるオートファジー誘導.[学研メディカル秀潤社 細胞工学,34(6), (2015)]高橋大輝,有本博一
[2013]
2.ニトロ化ヌクレオチドは細菌に対する選択的なオートファジーにおける内因性の誘導因子である.[ライフサイエンス 新着論文レビュー, (2013)]伊藤千秋,斉藤洋平,有本博一
3.酸化ストレスとオートファジー.[医学のあゆみ,247(9), (2013), 781-785]藤井重元,有本博一
[2010]
4.バンコマイシン耐性菌克服を目指した化学.[有機合成化学協会誌,68(5), (2010), 480-489]有本 博一
5.Regulation of Redox Signaling Involving Chemical Conjugation of Protein Thiols by Nitric Oxide and Electrophiles.[Bioconjugate Chemistry,21(7), (2010), 1121-1129]Tomohiro Sawa, Hirokazu Arimoto, Takaaki Akaike
10.1021/bc900396u
[2009]
6.チオール基の修飾による活性酸素のセンサー制御機能.[羊土社 実験医学増刊,27(15), (2009)]澤智裕,有本博一,赤池孝章
978-4-7581-0301-5
[2007]
7.パリトキシンのかたち.[化学と生物,45(8), (2007), 528-530]有本博一
[2006]
8.ニトロ化修飾反応によるNOの新しいシグナル機構.[秀潤社 細胞工学,25(2), (2006), 132-136]澤 智裕,芥 照夫,有本 博一,赤池 孝章
[2004]
9.Bioactive Alkaloids from the Sea: A Review.[Marine Drugs,1, (2004), 39-54]Kuramoto, M.; Arimoto, H.; Uemura, D.
10.科研費審査の現場から(2)-皆さんの質問にお答えして.[化学同人 化学,59(3), (2004), 38-43]有本博一、前田和之、相川京子
[2003]
11.Studies in Bioactive Marine Alkaloids.[J.Synth.Org.Chem.Jpn,61(11), (2003), 1099-1105]Kuramoto, M.; Arimoto, H.; Uemura, D.
12.バンコマイシン耐性菌克服を目指した化学合成:生物活性物質の合成とマルチバレント化に関する研究.[有機合成化学協会誌,61(8), (2003), 752-759]有本博一
[2002]
13.未解明生物現象の化学.[化学工業,53, (2002), 24-29]有本博一,北将樹,上村大輔
[2000]
14.バンコマイシン耐性菌(VRE)に有効なマルチバレントポリマーの合成.[ファルマシア,36(6), (2000), 479-483]有本 博一
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University