総説・解説記事- 菅原 俊二 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:13件
[2005]
1.【情報伝達分子としてのプロテアーゼとそのレセプター】 PAR-2と炎症とのかかわり (Surgery Frontier).[Surgery Frontier,12(2), (2005), 149-154]菅原俊二
2.Host Defense of Oral Mucosa and the Molecular Mechanism of Oral Mucosal Signal Transduction Diseases (J Oral Biosci).[J Oral Biosci,47(2), (2005), 115-125]Sugawara Shunji
3.Immune functions of proteinase 3. (Crit Rev Immunol).[Crit Rev Immunol,25(5), (2005), 343-360]Sugawara Shunji
[2004]
4.【自然免疫と疾患】 疾患との関連,治療への応用 自然免疫と歯周病 (医学のあゆみ).[医学のあゆみ,別冊(自然免疫と疾患), (2004), 99-104]高田春比古, 菅原俊二
5.プロテアーゼによる細胞活性化機構と疾患 (細胞).[細胞,36(9), (2004), 376-379]菅原俊二, 川越淳一
6.口腔粘膜の防御機構 (細胞).[細胞,36(9), (2004), 353-356]菅原俊二
[2003]
7.PAR(プロテアーゼ活性化受容体)を介した好中球と上皮細胞のクロストーク (感染・炎症・免疫).[感染・炎症・免疫,33(2), (2003), 154-156]上原亜希子, 菅原俊二
8.自然免疫と歯周病 (医学のあゆみ).[医学のあゆみ,205(1), (2003), 97-102]高田春比古、菅原俊二
9.口腔粘膜における自然免疫と生体防御 (東北大歯誌).[東北大歯誌,22(1), (2003), 11-18]菅原俊二
[2002]
10.Innate immune responses in oral mucosa. (J Endotoxin Res).[J Endotoxin Res,8(6), (2002), 465-468]Sugawara Shunji, Uehara Akiko, Tamai Riyoko, Takada Haruhiko
11.口腔粘膜とサイトカインネットワーク (炎症と免疫).[炎症と免疫,10(3), (2002), 221-227]菅原俊二、高田春比古
[2001]
12.【自然免疫(innate immunity)における細菌の認識機構 CD14とTLRを中心に】 歯周病とCD14/Toll-like receptor系 (炎症と免疫).[炎症と免疫,9(5), (2001), 575-581]菅原俊二, 高田春比古
13.【インターロイキン18(IL-18) 注目されている新しいサイトカイン】 好中球proteinase3による活性型IL-18の誘導 (侵襲と免疫).[侵襲と免疫,10(2), (2001), 53-58]菅原俊二, 上原亜希子
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University