Review Papers- SEKI Takeshi -
number of results to view: what to display: sort:
total:17
[2019]
1.異常エッチングスハウゼン効果:磁気熱電効果がもたらす新しい熱制御機能.[電気学会誌,139(10), (2019), 662-667]関剛斎、内田健一
[2018]
2.スピントロニクス材料の進展 -規則合金を中心にして-.[機能材料,38(8), (2018), 48-58]高梨弘毅、関剛斎、窪田崇秀、伊藤啓太
[2017]
3.磁気ボルテックスダイナミクスを利用した交換結合膜における磁化スイッチング.[IEICE Technical Report,117, (2017), 1-4]関剛斎, 周偉男, 高梨弘毅
[2016]
4.ホイスラー合金を用いたスピントルク発振素子の現状と課題.[応用物理学会 応用電子物性分科会誌,22, (2016), 125-128]関剛斎、山本竜也、周偉男、高梨弘毅
5.ホイスラー合金を用いたスピントルク発振.[日本磁気学会 日本磁気学会第208回研究会資料, (2016), 51-56]関剛斎、山本竜也、高梨弘毅
[2015]
6.規則合金スピントロニクス材料の最近の発展.[電気学会研究会資料,MAG-15-129-133, (2015), MAG-15-130-5-MAG-15-130-8]窪田崇秀, 関剛斎, 水口将輝, 高梨弘毅
7.スピン波励起を利用した低磁場磁化反転.[まぐね,10, (2015), 314-319]関剛, 周偉男, 高梨弘毅
8.スピン波を利用した磁化スイッチング.[応用物理,84, (2015), 61-65]関剛斎, 高梨弘毅
[2013]
9.高い磁気異方性を有するL10型FePtおよびL10型FeNi規則合金薄膜.[セラミックス,48, (2013), 404-409]小嶋隆幸, 関剛斎, 水口将輝, 高梨弘毅
[2012]
10.高保磁力FePt合金の磁化制御.[まてりあ,51, (2012), 216-220]関剛斎
11.電界およびスピン波を用いたFePt規則合金薄膜の磁化制御.[応用電子物性分科会誌,18, (2012), 176-179]関剛斎, 菊池祐介, 堀田京子, 高梨弘毅
[2010]
12.FePt垂直スピン注入源を用いたAuにおける巨大スピンホール効果.[電子情報通信学会技術研究報告,110(225), (2010), 71-76]関剛斎、菅井勇、三谷誠司、高梨弘毅
[2009]
13.MgO-MTJおよびCPP-GMRにおけるスピントルク発振 ~発振の高出力化および高周波化にむけて~.[日本応用磁気学会第168回研究会, (2009), 23-27]関剛斎、和田朋之、冨田博之、山根健量、升方康智、A. A. Tulapurkar、野崎隆行、白石誠司、新庄輝也、鈴木義茂、久保田均、福島章雄、湯浅新治、前原大樹、永峰佳紀、恒川孝二、D. D. Djayaprawira、渡辺直樹
[2008]
14.金属系における巨大スピンホール効果.[固体物理,43(12), (2008), 903-910]関剛斎、三谷誠司、高梨弘毅、高橋三郎、前川禎通
15.FePt垂直スピン注入源を用いたAuの巨大スピンホール効果.[まぐね,3(10), (2008), 467-473]関剛斎、長谷川裕、三谷誠司、高梨弘毅
[2006]
16.L10 FePtナノ構造エピタキシャル薄膜の磁化過程.[日本応用磁気学会第146回研究会, (2006), 33-40]高梨弘毅、嶋敏之、関剛斎
[2004]
17.非化学量論組成FePt合金膜におけるL10規則相の低温合成と磁気特性.[日本応用磁気学会誌,28(4), (2004), 501-507]嶋敏之、関剛斎、高梨弘毅
Page: [1]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University