Review Papers- MATSUBAE Kazuyo(YOKOYAMA Kazuyo) -
number of results to view: what to display: sort:
total:22
[2017]
1.リンの資源と持続可能性.[エネルギー・資源 Vol. 38 No. 3(2017),38(3), (2017), 162-164]松八重一代、長坂徹也
2.責任ある資源利用を目指した社会における未利用資源の活用.[化学と教育, (2017)]松八重一代、長坂徹也
[2015]
3.若手研究者・技術者の取り組みと将来の夢 資源利用に関わるサプライチェーンリスク最小化に向けたリソースロジスティクス研究.[ふぇらむ,20(7), (2015), 336-339]松八重一代
4.亜鉛およびリン資源の現状と確保戦略.[表面技術,66(3), (2015), 86-90]久保裕也*、松八重一代、長坂徹也
5.サプライチェーンに内在する多面的リスク:ニッケルの資源利用と環境影響.[エネルギー・資源,36(5), (2015), 314-318]中島謙一*、松八重一代、南斉規介、高柳航
[2014]
6.ニッケルめっき廃液・スラッジ等のリサイクルに向けた技術動向.[環境管理,50(9), (2014), 41-45]中島謙一 三田村修一 松八重一代 田中幹也
7.製鋼スラグからのリン資源回収の可能性.[環境技術,43(2), (2014), 79-85]松八重一代、久保裕也、山末英嗣、長坂徹也
8.科学技術イノベーション政策におけるコミュニケーションツールとしてのLCA.[日本LCA学会誌,10(4), (2014), 435-436]松八重一代
[2013]
9.自動車リサイクルにおける鉄鋼合金のフロー解析.[ふぇらむ,18(12), (2013), 65-69]松八重一代、大野肇、中島謙一、中村愼一郎、長坂徹也
[2012]
10.国際貿易に伴う世界および日本のリンフロー.[生物工学,90(8), (2012), 470-472]松八重一代、長坂徹也
11.都市鉱山としての自動車スクラップと随伴合金フロー.[金属,82(7), (2012), 47-50]松八重一代
[2010]
12.Rare Metal Resources Constraint and Significance of Recycle/Reuse.[エネルギー・資源学会 Energy and Resources,31(5), (2010), 274-278]Shinichiro Morimoto, Ichiro Daigo, Kazuyo Matsubae
13.アジアにおけるリンフローと製鋼スラグの回収ポテンシャル.[PHOSPHORUS LETTER,68(5), (2010), 27-33]松八重 一代、長坂 徹也
14.製鋼スラグ中からのリン回収の可能性.[月刊資源環境対策,46(5), (2010), 37-44]松八重(横山)一代、長坂徹也
[2009]
15.Rare-metal flow in steel cycle.[(社)日本鉄鋼協会 Ferum,14(12), (2009)]Kazuyo Matsubae, Kenichi Nakajima, Shinichiro Nakamura, Tetsuya Nagasaka
16.廃棄物産業連関分析を応用したトップダウン型MFAモデルの開発.[廃棄物資源循環学会 廃棄物資源循環学会誌,20(5), (2009)]Kenichi Nakajima, Shinichiro Nakamura, Kazuyo Matsubae, Yasushi Kondo, Tetsuya Nagasaka
17.Mateial flow analysis on steel recycling considering accompanying subsutances.[廃棄物資源循環学会 廃棄物資源循環学会誌,20(5), (2009)]Kazuyo Matsubae-Yokoyama, Kenichi Nakajima, Shinichiro Nakamura, Tetsuya Nagasaka
[2008]
18.随伴元素成分を考慮した鉄鋼リサイクルフロー分析.[日本エネルギー学会誌,87(4), (2008), 243-249]横山一代、中島謙一、中村愼一郎、長坂徹也
[2007]
19.材料分野に紛れ込んじゃった経済の人.[ふぇらむ,12(5), (2007), 306-307]横山一代
20.Evaluation of the Sustainable Recycling Based on the Dynamic Waste Input-Output Model.[Japan Institute of Metals Materia,46(1), (2007)]K.Yokoyama,S.Nakamura and T.Nagasaka
Page: [prev] [1] [2] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University