Review Papers- KAGITANI Masato -
number of results to view: what to display: sort:
total:14
[2018]
1.飛翔体による遠隔観測技術を用いた惑星磁気圏の研究.[日本物理学会講演概要集(CD-ROM),73(1), (2018), ROMBUNNO.22aK608‐4-]吉岡和夫, 吉川一朗, 村上豪, 山崎敦, 藤本正樹, 土屋史紀, 鍵谷将人, 木村智樹
2.Study of the Jovian magnetosphere-ionosphere coupling using an ionospheric potential solver: Contributions of H+ and meteoric ions to ionospheric conductivity.[日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web),2018, (2018), ROMBUNNO.PPS01‐P11 (WEB ONLY)-]TERADA Koichiro, TAO Chihiro, TERADA Naoki, KASABA Yasumasa, KITA Hajime, NAKAMIZO Aoi, YOSHIKAWA Akimasa, OHTANI Shinichi, TSUCHIYA Fuminori, KAGITANI Masato, SAKANOI Takeshi, MURAKAMI Go, YOSHIOKA Kazuo, KIMURA Tomoki, YAMAZAKI Atsushi, YOSHIKAWA Ichiro
[2017]
3.ひさき衛星による木星オーロラ・プラズマトーラスの極端紫外線観測.[「プラズマ科学における分光計測の高度化と原子分子過程研究の新展開」「原子分子データ応用フォーラムセミナー」合同研究会, (2017)]土屋史紀, 木村智樹, 垰千尋, 吉岡和夫, 田所裕康, 鍵谷将人, 村上豪, 山崎敦, 吉川一朗, ひさきサイエンスチーム
4.ひさき衛星によって観測された木星衛星イオの酸素原子中性雲の空間分布.[地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web),142nd, (2017), ROMBUNNO.R009‐04 (WEB ONLY)-]古賀亮一, 土屋史紀, 鍵谷将人, 坂野井健, 米田瑞生, 吉川一朗, 吉岡和夫, 村上豪, 山崎敦, 木村智樹
[2016]
5.Time variation of 130.4nm atomic oxygen emission near Io observed by Hisaki/EXCEED.[Proceedings of Symposium on Planetary Science 2016, (2016), SPS2016_35-]R. Koga, F. Tsuchiya, M. Kagitani, T. Sakanoi, M. Yoneda, I. Yoshikawa, K. Yoshioka, G. Murakami, A, Yamazaki, T. Kimura
6.ひさき衛星によるイオ周辺の酸素原子130.4nm発光の時間変動解析.[日本天文学会年会講演予稿集,2016, (2016), 57-]古賀亮一, 土屋史紀, 鍵谷将人, 坂野井健, 米田瑞生, 吉川一朗, 吉岡和夫, 村上豪, 山崎豪, 木村智樹
7.ひさき衛星を用いたイオ周辺の130.4nm酸素原子発光の時間変動解析.[地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会(Web),140th, (2016), ROMBUNNO.R009‐08 (WEB ONLY)-]古賀亮一, 坂野井健, 鍵谷将人, 土屋史紀, 米田瑞生, 吉川一朗, 吉岡和夫, 村上豪, 山崎敦, 木村智樹
[2015]
8.ひさき衛星を用いたイオ周辺の酸素原子極端紫外発光の変動.[地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),138th, (2015), ROMBUNNO.R009‐P04-]古賀亮一, 土屋史紀, 鍵谷将人, 坂野井健, 吉川一朗, 村上豪, 山崎敦, 木村智樹, 吉岡和夫, 米田瑞生
[2011]
9.SPRINT-Aの科学データアーカイブ設計の現状.[第11回宇宙科学シンポジウム講演集, (2011)]木村 智樹, 山崎敦, 鍵谷将人, 土屋史紀, 吉川一朗, 吉岡和夫, 山本幸生
10.「かぐや」による子午面撮像が明らかにしたプラズマポーズの形成.[地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),130th, (2011), ROMBUNNO.B006-P009-]村上豪, 吉川一朗, 吉岡和夫, 山崎敦, 鍵谷将人, 田口真, 菊池雅行, 亀田真吾, 中村正人
[2009]
11.Planetary extreme ultraviolet spectrometer boarded on Japan's small satellite.[Proceedings of SPIE - The International Society for Optical Engineering,7435, (2009)]Kazuo Yoshioka, Go Murakami, Gentaro Ogawa, Ichiro Yoshikawa, Munetaka Ueno, Atsushi Yamazaki, Kazunori Uemizu, Masato Kagitani, Fuminori Tsuchiya
10.1117/12.825038
http://www.scopus.com/inward/record.url?eid=78751618438&partnerID=40
12.極端紫外分光によるイオプラズマトーラスの観測.[地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),126th, (2009), ROMBUNNO.B009-P005-]吉岡和夫, 鍵谷将人, 土屋史紀, 村上豪, 上野宗孝, 山崎敦, 吉川一朗
[2007]
13.小型宇宙望遠鏡TOPSによる惑星オーロラ・電磁圏観測の科学目標.[日本天文学会年会講演予稿集,2007, (2007), 286-]土屋史紀, 佐藤毅彦, 野澤宏大, 山崎敦, 笠羽康正, 寺田直樹, 垰千尋, 三澤浩昭, 鍵谷将人, 岡野章一, 森岡昭, 荻野竜樹, 深沢圭一郎, 今井一雅
14.小型宇宙望遠鏡TOPSによる惑星電磁圏領域の科学目標.[地球電磁気・地球惑星圏学会総会及び講演会予稿集(CD-ROM),122nd, (2007), ROMBUNNO.B009-P028-]土屋史紀, 寺田直樹, 山崎敦, 今井一雅, 深沢圭一郎, 二穴喜文, 鍵谷将人, 亀田真吾, 笠羽康正, 三澤浩昭, 森岡昭, 野澤宏大, 荻野竜樹, 佐藤毅彦, 垰千尋, 上野宗孝, 横田勝一郎, 吉川一朗, 渡部重十, 高橋幸弘
Page: [1]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University