Review Papers- SANO Daisuke -
number of results to view: what to display: sort:
total:15
[2018]
1.薬剤耐性因子による水環境汚染に関わる最近の研究課題.[水環境学会誌,41(12), (2018), 425-429]佐野大輔、モハン アマラシリ
2.環境ウイルスの検出.[ウイルス検査法 II 各論,13, (2018), 357-362]佐野 大輔
[2016]
3.ノロウイルスの新知見.[膜協会ジャーナル,23(1), (2016), 7-15]門屋俊祐、伊藤寿宏、佐野大輔
4.環境と胃腸炎ウイルス:ウイルス吸着性細菌との関わり.[ウイルス,62(2), (2016), 179-186]佐野大輔
[2015]
5.衛生環境工学分野におけるマイクロビオーム研究.[臨床と微生物,42(6), (2015), 21-25]井原賢、稲葉愛美、佐野大輔
6.将来の社会システムにおける感染性胃腸炎リスク.[最新医学,70, (2015), 2415-2422]佐野大輔
[2014]
7.水環境中からのウイルス情報の収集とその活用・総説.[臨床とウイルス,42(5), (2014), 211-223]佐野大輔
8.培養できないウイルスの感染性の評価法.[感染と消毒,21(2), (2014), 24-27]佐野大輔、岡部聡
[2013]
9.生活用水に潜むウイルス対策.[バムサジャーナル,25(4), (2013), 8-13]佐野大輔
10.水環境中の病原ウイルス分析手法.[水環境学会誌,5, (2013), 151-155]三浦尚之、佐野大輔
[2011]
11.感染性胃腸炎と上下水道の衛生工学的管理.[化学療法の領域,4, (2011), 82-88]佐野大輔
[2010]
12.ノロウイルスと水系管理.[感染対策ICTジャーナル,5(4), (2010), 421-426]佐野大輔
[2006]
13.海域におけるヒト病原ウイルス汚染.[日本海水学会誌,60(4), (2006), 229-237]佐野大輔、植木洋、大村達夫
14.河川及び海域における病原ウイルス汚染-ノロウイルス調査事例.[日本水環境学会誌,29(3), (2006), 130-134]佐野大輔、植木洋
15.水中病原ウイルスによる水環境汚染の実態.[モダンメディア,52(4), (2006), 115-124]佐野大輔、植木洋、渡部徹
Page: [1]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University