Books, Original Papers & Review Papers- KISHIMOTO Naoki -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:264
[2008]
61.[R] 準安定励起原子衝突2次元電子分光による固体表面吸着系の観測: ナトリウムに誘起された複素五員環化合物の構造変化.[原子衝突研究協会研究会講演概要集,33rd, (2008), 36-37]工藤翔, 岸本直樹, 大野公一
62.[R] 2次元ペニングイオン化電子分光法を用いた銀基板上における複素五員環化合物とナトリウムの相互作用の研究.[日本化学会講演予稿集,88th(1), (2008), 45-]工藤翔, 岸本直樹, 大野公一
63.[R] 準安定励起原子衝突2次元電子分光法によるp‐ベンゾキノン薄膜の研究.[日本化学会講演予稿集,88th(1), (2008), 45-]工藤泰彦, 岸本直樹, 大野公一
64.[R] 準安定励起原子衝突2次元電子分光法による銀表面に吸着したニトリル類の電子構造の研究.[日本化学会講演予稿集,88th(1), (2008), 45-]扇悠輔, 岸本直樹, 大野公一
65.[R] 2次元ペニングイオン化電子分光法によるHe<sup>*</sup>原子とアゾ化合物の相互作用の異方性と電子構造の研究.[日本化学会講演予稿集,88th(1), (2008), 41-]小松邦彦, 岸本直樹, 大野公一
66.[R] 準安定励起原子衝突2次元電子分光法による有機分子超薄膜の電子構造と立体ダイナミクスの研究.[日本物理学会講演概要集,63(1), (2008), 858-]岸本直樹, 工藤翔, 扇悠輔, 工藤泰彦, 大野公一
67.[R] シュレディンガー方程式の正確な解を得る方法(2008年の化学、注目の論文).[化学同人 化学,63(2), (2008), 58-59]岸本直樹
68.[R] 準安定励起原子衝突2次元電子分光法による有機金属化合物超薄膜の構造と立体反応ダイナミクスの研究.[分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web),2nd, (2008), ROMBUNNO.2D19 (WEB ONLY)-]岸本直樹, 大野公一
69.[R] 複素五員環化合物‐アルカリ金属間相互作用の準安定励起原子衝突2次元電子分光による観測.[分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web),2nd, (2008), ROMBUNNO.2P078 (WEB ONLY)-]工藤翔, 岸本直樹, 大野公一
70.[R] 固体表面に吸着したアジン類薄膜に対する準安定励起原子衝突2次元電子分光法の適用.[分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web),2nd, (2008), ROMBUNNO.2P077 (WEB ONLY)-]工藤泰彦, 岸本直樹, 大野公一
71.[R] ビニル基をもつ共役系有機分子の準安定励起原子衝突2次元電子分光:加熱処理に伴う反応過程の観測.[分子科学討論会講演プログラム&amp;要旨(Web),2nd, (2008), ROMBUNNO.2P073 (WEB ONLY)-]扇悠輔, 岸本直樹, 大野公一
72.[R] 23aRJ-12 A study on electronic structure and stereodynamics of organic molecular ultrathin films by two-dimensional electron spectroscopy of collisional ionization with metastable atoms.[Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan,63(0), (2008)]Kishimoto Naoki, Kudo Sho, Ogi Yuusuke, Kudo Yasuhiko, Ohno Koichi
[2007]
73.[O] Observation of anisotropic interactions and molecular orbitals of CO upon collision with He*(23S) atoms by two-dimensional Penning ionization electron spectroscopy.[Journal of Physics: Conference Series,88,(2007),012026-1-11]Naoki Kishimoto, Masakazu Yamazaki, Yoshinori Hanzawa, Takuya Horio, and Koichi Ohno
74.[R] 励起原子衝突2次元電子分光法によるAg基板に吸着したニトリル類の電子構造とその変化の研究.[化学系学協会東北大会プログラムおよび講演予稿集,2007, (2007), 178-]扇悠輔, 岸本直樹, 大野公一
75.[R] 銀基板に吸着した五員複素環式化合物単分子膜の励起原子衝突2次元電子分光.[化学系学協会東北大会プログラムおよび講演予稿集,2007, (2007), 144-]工藤翔, 岸本直樹, 大野公一
76.[R] 励起原子衝突イオン化反応における立体異方性の観測.[日本物理学会講演概要集,62(2), (2007), 179-]岸本直樹
77.[R] 銀基板に吸着した五員複素環式化合物の励起原子衝突2次元電子分光:相互作用の異方性を利用した電子構造の解明.[分子科学討論会講演要旨集(CD-ROM),1st, (2007), 1P153-]工藤翔, 岸本直樹, 大野公一
78.[R] 銀表面に吸着したニトリル類の二次元ペニングイオン化電子分光.[分子科学討論会講演要旨集(CD-ROM),1st, (2007), 3P140-]扇悠輔, 岸本直樹, 大野公一
79.[R] Metastable Atomic Probe Spectroscopy of Molecules-Observation of Stereodynamics in Collisional Ionization-.[日本物理学会誌,62(7), (2007), 518-522]岸本直樹, 大野公一
80.[R] 励起原子プローブで分子を見る ―衝突イオン化における立体異方性の観測―.[日本物理学会誌,62(7), (2007), 518-522]岸本直樹、大野公一
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University