Review Papers- GOMI Katsuya -
number of results to view: what to display: sort:
total:42
[2019]
1.Regulatory mechanisms for amylolytic gene expression in the koji mold Aspergillus oryzae.[Taylor and Francis Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,83(8), (2019), 1385-1401]Katsuya Gomi
10.1080/09168451.2019.1625265
2.日本酒や醤油醸造で必要とされる麴菌酵素の生産制御機構の謎に迫る.[醤油の研究と技術,45(1), (2019), 5-12]五味 勝也
[2017]
3.麹菌の遺伝子工学研究の基盤形成と遺伝子発現制御解析に基づく応用技術開発.[(一財)バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,75(3), (2017), 206-213]Katsuya Gomi
[2016]
4.Signaling pathways for stress responses and adaptation in Aspergillus species: Stress biology in the post-genomic era.[Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,80(9), (2016), 1667-1680]HAGIWARA, Daisuke; SAKAMOTO, Kazutoshi; ABE, Keietsu; GOMI, Katsuya*
10.1080/09168451.2016.1162085
5.大村智先生ノーベル賞受賞記念特集~特集によせて.[生物工学,94(7), (2016), 382]五味勝也
6.「酒屋万流」的研究のすすめ(巻頭言).[(一財)バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,74(2), (2016), 96-97]五味勝也
7.年次大会の盛況を見て感じたこと(巻頭言).[生物工学,94(1), (2016), 1]五味勝也
[2015]
8.新会長を拝命して(就任挨拶).[生物工学,93(6), (2015)]五味勝也
[2013]
9.2013 KSBB秋季大会に参加して.[生物工学会誌,91(12), (2013), 742]五味勝也
[2012]
10.糸状菌における効率的多重遺伝子導入系の開発.[日本生物工学会 Seibutsukogaku,90(6), (2012), 298-301]江原直樹・水谷治・五味勝也*
[2010]
11.電子化時代のB&I誌の行く末は?(巻頭言).[(財)バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,68(5), (2010), 310-311]五味勝也
12.麹菌のゲノム解析情報のバイオマス利活用への応用.[(社)地域資源循環技術センター バイオエタノール通信,5, (2010), 21-27]渡部 昭、五味勝也
[2009]
13.種もやしから広がる糸状菌分生子のストレス耐性機構.[学会出版センター 化学と生物,47(10), (2009), 684-689]坂本和俊、萩原大祐、阿部敬悦、五味勝也
14.麴菌のゲノム解析を振り返って(巻頭言).[学会出版センター 化学と生物,47(9), (2009), 591-]五味勝也
15.麹菌固体発酵システムによる新規バイオプロセスへの挑戦-生分解性プラスチックのバイオケミカルリサイクル-.[日本醸造協会誌,104(1), (2009), 10-18]阿部敬悦,上原健二,高橋徹,大滝真作,前田浩,山形洋平,五味勝也,長谷川史彦
[2008]
16.Genomics of Aspergillus oryzae: Learning from the History of Koji Mold and Exploration of Its Future..[DNA Research,15(4), (2008), 173-183]Masayuki Machida*, Osamu Yamada, Katsuya Gomi
17.Nonstop mRNA formation by premature polyadenylation within the ORF of heterologous genes in Aspergillus oryzae.[(財)バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,66(3), (2008), 135-139]田中瑞己、徳岡昌文、五味勝也
[2007]
18.ゲノム科学と社会 -ゲノム科学の明日の医学へのインパクト.[クバプロ, (2007)]文部科学省特定領域研究「応用ゲノム」編
[2005]
19.麹菌による生分解性プラスチックのバイオケミカルリサイクル.[生分解性プラスチック研究会(BPS) グリーンプラジャーナル,(19), (2005)]阿部敬悦、五味勝也
20.転写後過程の改良による異種タンパク質生産の効率化.[(財)バイオインダストリー協会 バイオサイエンスとインダストリー,63(8), (2005), 543-546]幸田明生、徳岡昌文、五味勝也
Page: [1] [2] [3] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University