Books, Original Papers & Review Papers- HORITA Tatsuya -
number of results to view: what to display: sort:
[B]:Books [O]:Original Papers [R]:Review Papers
total:712
[2020]
1.[O] 教員養成課程における授業でのIoT教材を用いたプログラミング体験に関する一考察.[コンピュータ&エデュケーション,48,(2020)]山本朋弘, 佐藤 和紀, 礒川祐地, 遠藤みなみ, 堀田龍也
2.[O] A Proposal of E-Learning for Skills of Traditional Japanese Wood-Processing Including Evaluation of Condition of Cut Surface.[EdMedia: World Conference on Educational Media and Technology 2020,(2020),Acctepted-]Shota Itagaki, Ryota Fukutani, Akinobu Ando, Tatsuya Horita
3.[O] 教員経験,教員研修,同僚やメディアから情報が,小学校教員のプログラミング教育への期待や課題意識に与える影響の検討.[常葉大学教育学部紀要,40,(2020)]佐藤 和紀, 石坂諭美, 礒川祐地, 山本朋弘, 堀田龍也
4.[O] In the Southern Region of Kyushu, Continuous Survey on College Students' Interests in "Keyboard Island Adventure" as a Japanese Keyboarding Training System and Fact-Finding Survey on Japanese Keyboarding Skills of College Students.[The Institute of Minami-Kyusyu Regional Science Kagoshima Women's College,(36),(2020),51-58]Mitsuhiro Watanabe, Tatsuya Horita
5.[R] AIについて体験的に学習した中学生のAIに対する理解度と意識の関係.[情報処理学会研究報告コンピュータと教育(CE),2020-CE-153(20), (2020), 1-7]板垣翔大, 浅水智也, 佐藤和紀, 中川哲, 安藤明伸, 堀田龍也
6.[R] 木材の切断面の評価をAIの画像認識により支援するシステムの提案.[日本教育工学会2020年春季全国大会講演論文集, (2020), 発表予定-]板垣翔大, 福谷遼太, 安藤明伸, 堀田龍也
7.[R] 人工知能による画像認識を活用した下駄箱の靴の揃い方の判定支援システムの試作:若手教員急増時代の学級経営を支えるAI活用の基礎的研究.[日本学級経営学会第2回研究大会, (2020), 発表予定-]佐藤和紀, 板垣翔大, 佐藤正寿, 赤坂真二, 堀田龍也
8.[R] プログラミングによる問題解決を通してAIへの理解を深める小学校総合的な学習の時間の授業開発と実践.[日本教育メディア学会研究会,48, (2020), 36-43]佐藤和紀, 三井一希, 板垣翔大, 中川哲, 堀田龍也
[2019]
9.[O] 教科担任と学級担任による筆答テストの採点業務を支援するシステムの開発と評価.[日本教育工学会論文誌,Vol.43(No.4),(2019),採録決定-]中川哲, 佐藤和紀, 齋藤玲, 堀田龍也
10.[O] 小学校プログラミング教育に対する教員の意識調査に基づく促進・阻害要因モデルの検討.[日本教育工学会論文誌,Vol.43(No.4),(2019),採録決定-]山本朋弘, 堀田龍也
11.[O] マンガの理解度に与えるワーキングメモリ容量の影響 _小学校第6学年を対象とした調査_.[読書科学,(2019),採録決定-]大久保紀一朗, 和田裕一, 窪俊一, 堀田龍也
12.[O] 1人1台端末を活用した小学校の授業における教師の教授行動の分析.[日本教育工学会論文誌,Vol.43(Suppl.),(2019),採録決定-]八木澤史子, 佐藤和紀, 堀田龍也
13.[O] ペアプログラミングを取り入れた小学校プログラミング授業での意識の変容に関する一考察.[日本教育工学会論文誌,Vol.43(Suppl.),(2019),採録決定-]山本朋弘, 堀田龍也
14.[O] Optimal Group Size for High School Students’ Collaborative Argumentation Using SNS for Educational Purposes.[International Journal of Learning Technologies and Learning Environments,Vol.2(No.2),(2019),35-53]Michiko SUGAI, Tatsuya HORITA, Yuichi WADA
15.[O] Study of Manga Reading as an Effective Teaching Method Based on the Text Comprehension Process.[International Journal of Learning Technologies and Learning Environments,Vol.2(No.2),(2019),54-66]Kiichiro OKUBO, Kazunori SATO, Yuichi WADA, Kazuyuki ASAI, Shunichi KUBO, Tatsuya HORITA
16.[B] NHK スマホ・リアル・ストーリー.[岩崎書店,(2019)]佐藤和紀, 堀田龍也 監修, NHK「スマホ・リアル・ストーリー」制作班 編
ISBN4265802516
17.[B] “先生の先生"が集中討議!子どもも教師も元気になる「これからの教室」のつくりかた : 教育技術・学級経営・ICT教育新しい時代のグランドデザイン.[学芸みらい社,(2019)]堀田 龍也, 赤坂 真二, 谷 和樹, 佐藤 和紀
ISBN9.78491E+12
18.[O] 教室でのタブレット端末利用における課題と児童の疲労に関する調査.[人間工学,Vol.55(No.5),(2019),212-221]柴田隆史, 佐藤和紀, 堀田龍也
19.[B] 教育方法とカリキュラム・マネジメント.[学文社,(2019)]高橋純 編著 , 堀田龍也ほか 著
ISBN4762026174
20.[O] 日本の初等中等教育における情報リテラシーに関する教育の動向と課題.[電子情報通信学会通信ソサイエティマガジン B-plus,No.50,(2019),117-125]堀田龍也, 佐藤和紀
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University