Review Papers- ABE Taiki -
number of results to view: what to display: sort:
total:21
[2018]
1.核内受容体CARおよびPXRによる肝細胞増殖調節におけるYAPの関与.[日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),138th, (2018), ROMBUNNO.28T‐pm05S-]石村麻衣, 天池優斗, 阿部太紀, 志津怜太, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 吉成浩一
[2017]
2.薬剤性肝障害時の核内受容体PXRの抗炎症作用におけるNF‐κBの役割.[日本免疫毒性学会学術年会講演要旨集,24th, (2017), 90-]岡村麻絢, 阿部太紀, 鶴田聡志, 志津怜太, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 吉成浩一
3.核内受容体CAR依存的な肝細胞増殖へのYAPの関与.[衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集,2017, (2017), 295-]天池優斗, 阿部太紀, 阿部太紀, 志津怜太, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 松沢厚, 吉成浩一
4.核内受容体PXRの抗炎症作用におけるNF‐κBの寄与の解析.[衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集,2017, (2017), 246-]岡村麻絢, 阿部太紀, 鶴田聡志, 志津怜太, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 児玉進, 吉成浩一
5.核内受容体CARを介した肝細胞増殖のインビトロ評価系の構築と機序解析.[肝細胞研究会プログラム・抄録集,24th, (2017), 58-]吉成浩一, 阿部太紀, 阿部太紀, 天池優斗, 志津怜太, 保坂卓臣, 佐々木崇光
6.Establishment of <i>in vitro</i> model of CAR-mediated mouse hepatocyte proliferation and investigation of its molecular mechanism.[Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology,44(0), (2017), P-2]AMAIKE Yuto, ABE Taiki, HOSAKA Takuomi, SASAKI Takamitsu, MATSUZAWA Atsushi, YOSHINARI Kouichi
7.Elucidation of the mechanism underlying the anti-inflammatory effects of activated PXR.[Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology,44(0), (2017), P-161]OKAMURA Maya, ABE Taiki, TSURUTA Satoshi, HOSAKA Takuomi, SASAKI Takamitsu, KODAMA Susumu, YOSHINARI Kouichi
[2016]
8.マウスPXRの新規活性化物質の探索.[衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集,2016, (2016), 284-]加納誠人, 阿部太紀, 阿部太紀, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 吉成浩一
9.核内受容体PXRと臓器サイズ制御シグナルHippo pathwayのクロストーク.[Journal of Toxicological Sciences,41(Supplement), (2016), S250-]阿部太紀, 阿部太紀, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 児玉進, 松沢厚, 吉成浩一, 吉成浩一
10.新規マウスPXR活性化物質の探索.[Journal of Toxicological Sciences,41(Supplement), (2016), S220-]加納誠人, 阿部太紀, 阿部太紀, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 吉成浩一
11.環境汚染物質perfluorocarboxylic acids(PFCAs)によるマウス及びヒトCAR活性化作用.[Journal of Toxicological Sciences,41(Supplement), (2016), S214-]高橋美玲, 阿部太紀, 阿部太紀, 小島弘幸, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 吉成浩一, 吉成浩一
12.CAR依存的肝細胞増殖のin vitroモデル.[日本生化学会大会(Web),89th, (2016), ROMBUNNO.2P‐250 (WEB ONLY)-]阿部太紀, 阿部太紀, 天池優斗, 高橋美玲, 保坂卓臣, 佐々木崇光, 松沢厚, 吉成浩一
[2015]
13.核内受容体PXR活性化による四塩化炭素誘発性肝障害の軽減作用.[Journal of Toxicological Sciences,40(Supplement), (2015), S205-]倉冨雅, 阿部太紀, 阿部太紀, 児玉進, 吉成浩一, 吉成浩一
14.小胞体ストレスはNASHのリスクファクターとなる!?.[ファルマシア,51(4), (2015), 362]阿部 太紀
15.異物応答性核内受容体PXR活性化による肝肥大機序の解明.[肝細胞研究会プログラム・抄録集,22nd, (2015), 40-]阿部太紀, 志津怜太, 松沢厚, 吉成浩一
16.パーフルオロオクタン酸(PFOA)のマウスCAR活性化作用の解析.[日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),135th, (2015), ROMBUNNO.28PA-PM012S-]高橋美玲, 阿部太紀, 吉成浩一
[2014]
17.性ホルモンによる肝CYP7A1発現制御機構の解析.[日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集,24th-2014, (2014), 111-]栗田隆三, 倉冨雅, 関本征史, 小島美咲, 諸田まどか, 阿部太紀, 根本清光, 吉成浩一, 出川雅邦
18.ノビレチン及びノビレチン含有柑橘類果皮抽出物による芳香族炭化水素受容体(AhR)の活性化.[日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会講演要旨集,24th-2014, (2014), 110-]勝又慶人, 関本征史, 榊夏澄, 阿部太紀, 根本清光, 出川雅邦, 大泉康, 吉成浩一
19.PXR活性化は増殖因子依存的な肝細胞増殖を促進する.[衛生薬学・環境トキシコロジー講演要旨集,2014, (2014), 261-]阿部太紀, 志津怜太, 松沢厚, 吉成浩一
20.PXRの活性化は四塩化炭素(CCl<sub>4</sub>)誘発性肝障害時における肝細胞増殖を促進する.[日本薬学会年会要旨集(CD-ROM),134th, (2014), ROMBUNNO.29L-PM16S-]阿部太紀, 志津怜太, 三浦雄貴, 吉成浩一
Page: [1] [2] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University