Review Papers- YAMASHITA Hiroshi -
number of results to view: what to display: sort:
total:107
[2004]
41.「自虐と諦観-ヒンドゥー教徒のユーモア-」.[Kodansha Ltd. 『本(読書人の雑誌)』, (2004), 58-60]Hiroshi Yamashita
42.Transformation of Food Culture in India under the Open Economy Policies after 1990's.[財団法人アサヒビール学術振興財団 『食生活科学・文化及び地球環境科学に関する研究助成研究紀要』,17, (2004), 55-61]Hiroshi Yamashita
[2003]
43.「グローバル化するエンタテインメント-南アジア・娯楽メディアの現状と展望-」.[東北大学大学院国際文化研究科 『グローバル化の中のアジア』(国際文化研究科第10回国際文化基礎講座テキスト), (2003), 1-23]Hiroshi Yamashita
44.「日本・インド映画交流50年史をかえりみて-『ムトゥ』現象とその後の顛末-」.[インド文化センター(大阪) 『日本・インド国交樹立50周年記念セミナー2002-日印文化交流よりの発信-』, (2003), 24-30]Hiroshi Yamashita
45."Fifty Years of Indo-Japan 'Cinematic' Relations: 'Muthu' phenomenon and its aftermath".[インド文化センター(大阪) 『日本・インド国交樹立50周年記念セミナー2002-日印文化交流よりの発信-』, (2003), 31-37]Hiroshi Yamashita
46.「日本における英語公用語化論と民族的アイデンティティーの問題(序)-多言語国家インド、マレーシアなどとの比較をまじえて-」.[『多言語社会における言語戦争とその文化的意味』(科学研究費補助金基盤研究C-2研究成果報告書), (2003), 12-21]田中継根編、山下博司著
47.「フォーラムのねらい」、監訳(ジョン・レント著・武丸士郎訳)「ポップカルチャー研究と日本 -学問の杜を目指して-」.[『世界の中の日本研究』(東北大学大学院国際文化研究科創立10周年記念フォーラム・プロシーディングス), (2003)]ジョン・レント著、武丸士郎訳、山下博司他著
[2002]
48.執筆担当「英国仕込みの近代とヒンドゥー教の伝統が共存するマドラス、「魅惑の体感都市」、『マドラスとボンベイ』所収.[朝日新聞社 週刊朝日百科・世界100都市、第48号,(48), (2002), 4-8]山下博司
49.「映像表現と異文化間コミュニケーション-多元社会における映画等のメディアの国際コミュニケーション的役割の比較文化的考察-」.[財団法人松下国際財団 『松下国際財団研究助成報告書』(2000年度後期助成・2002年1月~6月報告分), (2002), 38-39]山下博司
50.図書館及び叢書紹介記事:「『ビブリオグラフィア・ミッショナリア』とウルバニアーナ大学図書館」.[『木這子』(東北大学図書館報),27(1), (2002), 3-7]山下博司
51.講演採録:「『ボンベイ』におけるイスラムの描写について」.[国際交流基金アジアセンター 『イスラムの映画、映画のイスラム-緊急特集-(アジア映画講座10)』, (2002), 12-18]山下博司
52.「近現代インド文学と<英語>-印英文学の現代的意義にも触れて-」.[島途健一編『言語の脱「民族」化と現代文学-多文化社会における表現活動と言語選択』(平成12~13年度科学研究費補助金研究成果報告書), (2002), 109-118]山下博司
[2001]
53.書評 小倉泰・横地優子訳注『ヒンドゥー教の聖典二編 ギータ・ゴーヴィンダ、デーヴィー・マーハートミャ』平凡社(東洋文庫)、2000年・全677頁.[日本南アジア学会 『南アジア研究』,(13), (2001), 239-242]山下博司
54.「南インド・タミル語圏におけるバクティとタントリズム」.[『日本南アジア学会第14回全国大会報告要旨集』(金沢大学文学部), (2001)]山下博司
[2000]
55.山下博司編『国際シンポジウム:異文化理解と映像メディア-アジアの問題を中心に 報告要旨および資料(International Symposium on the Visual Media in Cross-cultural Perspectives: Problems of the Asian Cinema in Transnational Communications)』.[(2000)]山下博司
56.書評 ティルヴァッルヴァル(高橋孝信訳注)『ティルックラル-古代タミルの箴言集』.[日本南アジア学会 『南アジア研究』,(12), (2000), 164-166]山下博司
57.カーンジプラムのカーマコーティ・ピータ-その歴史と社会的機能(序説).[水島司編『南インド・タミル地域の社会経済変化に関する歴史的研究』(平成9~11年度科研費国際学術研究研究成果報告書), (2000), 147-160]山下博司
58.タミル語映画界.[キネマ旬報社・全220頁 キネマ旬報社編集部編『キネ旬ムック・インド映画娯楽玉手箱』(インド映画完全ガイドブック), (2000), 58-60]山下博司
59.アジア映画とシンボリズム-バーラディラージャー監督作品の象徴分析的解釈の試み.[東北大学言語文化部 足立美比古編『記号の成立・伝達およびその変容に関する研究』(平成11年度東北大学言語文化部教育研究共同プロジェクト研究成果報告書), (2000), 113-118]山下博司
60.マラヤーラム語基礎2000語集.[東京外国語大学アジアアフリカ言語文化研究所 ペーリ・バースカララーオ編『インド諸言語のための機械可読辞書とパーザの開発』(平成9年度~平成11年度科学研究費補助金基盤研究(A)(2)研究成果報告書), (2000), 189-203]山下博司
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University