Original Papers- YAMASHITA Hiroshi -
number of results to view: what to display: sort:
total:70
[2010]
21.「シンガポールの宗教政策と民族融和 -宗教間関係と<宗教協和宣言>の成立を中心に-」.[『東方』,25,(2010),178-198]山下博司・岡光信子
22.「聖ラーマリンガルの包摂主義的理念とインド近代」(169~183頁).[『インド宗教思想の多元的共存と寛容思想の解明』(科学研究費補助金基盤研究A研究成果報告書、代表者:釈悟震)、全v+553頁+和文・英文目次,(2010)]山下博司
23.「シンガポールの国民統合と宗教間対話」.[『宗教研究』,83((第4輯)363号),(2010),509-510]山下博司
[2009]
24.「タミルの聖徒列伝『ティルットンダル・プラーナム』とナーヤナールの問題(序)」.[『印度学仏教学研究』(日本印度学仏教学会),第58(第1号(通巻第119号)),(2009),324(237)-313(243)]山下博司
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/handle/10097/53036
25.「現代タイにおける伝統舞台劇『ラーマキエン』と文化行政 -バンコクとナコーン・シー・タンマラートの文化省教育機関での調査をもとに」.[『東方』(財団法人東方研究会),(第24),(2009),161-173]山下博司・岡光信子
26."The Absolute as Luminosity: The ideal and movement of Saint Ramalingar".[Journal of Indian and Buddhist Studies、pp.1165-1171.,Vol. LVII No.3,(2009),1165-1171]Hiroshi, YAMASHITA (山下博司)
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/handle/10097/52070
27.「ディアスポラにおける民族宗教の変質と再編-シンガポール・ヒンドゥー寺院の儀礼空間の変容をめぐって」.[鈴木道男編『グローバル化によるディアスポラ文学の変容-ディアスポラ・アイデンティティの再編』(科学研究費補助金、基盤C研究成果報告書),(2009),68-80]山下博司
28.「アジア的宗教とエコフィロソフィーの可能性」.[『宗教研究』,第82巻(第4輯359号),(2009),-413-414頁]山下博司
[2008]
29.「高度情報化とメディア・カルチャーの変容に伴う映像・画像の越境と、異文化理解をめぐる国際コミュニケーション的研究」(53-63頁).[Anuual Report of The /murata /science Foundation, 2008,No.22,(2008)]山下博司・岡光信子
30.「インダス文明と宗教-神観念や生命観の問題にも触れて-」(141-153頁).[『環境変化とインダス文明 2007年度成果報告書』(総合地球環境学研究所),(2008)]山下博司
31."Saint Ramalingar and the Exemplification of God as Effulgence".[pp.188-206、山下博司編(執筆者全14名)『科学研究費補助金基盤研究B「中世ヒンドゥイズムにおけるバクティ運動の歴史的展開(Historical Development of Bhakti Movement in Medieval Hinduism)」研究成果報告書』(研究代表者 山下博司)、全xi+209頁,(2008)]山下博司
32.「ヒンドゥー司祭の世界進出と養成システムの変容」(307-309頁).[『宗教研究』,第81巻・第4輯(355号),(2008)]山下博司
[2007]
33.「中世末の西洋人宣教師と現代キリスト教-イエズス会士C・J・ベスキとアダイッカラ・マーダー教会の沿革を中心に-」(1-15頁).[『中世末の南インドにおけるキリスト教とヒンドゥー教の交流についての文献学的研究』(平成16~18年度科研費基盤研究C)研究成果報告書(全48頁),(2007)]山下博司
34.)、「ヨーロッパ人宣教師と印刷・出版の曙-南インドの場合-」(33-36頁).[『中世末の南インドにおけるキリスト教とヒンドゥー教の交流についての文献学的研究』(平成16~18年度科研費基盤研究C)研究成果報告書(全48頁),(2007)]山下博司
35.)、「インドにおけるカトリック宣教とヒンドゥー社会-イエズス会の初期マドゥライ・ミッションによるタミル語文学活動を中心に-」(16-32頁).[).[『中世末の南インドにおけるキリスト教とヒンドゥー教の交流についての文献学的研究』(平成16~18年度科研費基盤研究C)研究成果報告書(全48頁),(2007)]山下博司
36.「ディアスポラのディアスポラ?-<海外在留シンガポール人>のポータル・サイトをめぐって-」(5-18頁).[『ディアスポラ・アイデンティティの構築と文学-文学が形成した文化ナショナリズム-』(平成17~18年度科研費基盤研究C研究成果報告書)全70頁,(2007)]山下博司
37.東南アジア華人社会と伝統宗教-シンガポール道教寺廟の一事例-.[『宗教研究』,第80(第4),(2007),400-402]山下博司
38.「村邑からディアスポラへ-南インド・チェッティナードゥにおけるナガラッタールとヒンドゥー司祭養成学校の調査から-」(128~142頁).[『東方』,(第22),(2007)]山下博司・岡光信子
[2006]
39.「インド語起源の東南アジア語彙-インドネシア語とムラユ(マレー)語の基礎語彙を中心に-」.[山下博司『平成14~17年度・科学研究費補助金基盤研究B研究「南インドのラーマーヤナ伝承と東南アジアへの伝播についての文献学的及び民俗学的調査」成果報告書』、60~65頁,(2006)]山下博司
40.「東南アジアのタミル・ディアスポラにおけるヒンドゥー祭祀とインド叙事詩-シンガポール・シュリーマーリヤンマン寺院の<火渡り>とその関連儀礼への参与観察を踏まえて-」.[『平成14~17年度・科学研究費補助金基盤研究B『平成14~17年度・科学研究費補助金基盤研究B研究「南インドのラーマーヤナ伝承と東南アジアへの伝播についての文献学的及び民俗学的調査」研究成果報告書』、1~59頁,(2006)]山下博司
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [next]
BackTop
copyright(c)2005 Tohoku University